震える舌

①今すぐに見るべき!
スポンサーリンク

見どころ!→前触れなく壊れる日常!破傷風って何!?

監督-野村芳太郎 1980年 114分

出演-渡瀬恒彦、十朱幸代、他

外で遊んでいた女の子が、土の地面に転んだはずみで小さい怪我をしてしまう。

大したことはないものと両親も思っていたのだが、やがて少女に異変が起こる。

しゃべれなくなり、歩き方がおかしくなり、寝ているときに急に体をのけぞらせ、突然大声で叫びだす。

その少女の様は、まるで「エクソシスト」さながら、悪魔が乗り移ったよう・・・。

急いで病院に連れていくと、破傷風という病気だと判明する。

破傷風になると、全身の筋肉が強烈に痙攣して背中をのけ反らし、背骨が折れて死に至ることもあるらしい。

光を怖がるので、暗闇の部屋に入院し、隔離される。

その少女の看病をしていく両親も、その病気に振り回され、精神的に参っていく。

少女の命は・・・

これはドラマですが、ホラーのような要素が入っていてとても惹きつけられました。

怖かったです。

自分はホラーはほとんど怖いと感じるものがないので、これは普通のホラーより怖いと思います。

なんだこの病気は?これどうなっていくんだ?という恐怖感で頭がサーッとなります。

監督の野村芳太郎は、黒澤明の最高の助監督だったらしい。

重厚な感じがあるし、迫力もある。

演じている人達も卓越した演技で飽きずに見られます。

「エクソシスト」のモデルになった、悪魔が取りついたという少女は実在するらしいですが、もしかしたら破傷風だったのかもしれません。

ヨーロッパでも昔から恐れられていた病気らしいです。

光を怖がり、体をのけ反らし、奇声を発する・・・同じです。

 

コメント