シンプルメン

③見て損はない

見どころ!→とくと青春を堪能せよ!

監督-ハル・ハートリー 1992年 106分

出演-ロバート・ジョン・パーク、ビル・セイジ、他

主人公は二人の兄弟。

兄は強盗をしていたが仲間にだまされて報酬をもらえず、恋人にも逃げられた。

弟はまじめな学生です。

かつて大リーグの名選手であった父親が、爆弾犯として逮捕された。

その父親に会いに行くと、運ばれた病院から逃げ出してもういない。

兄弟二人でその父親を探しに行く途中、様々な人に出会って行く。

兄は、旅の途中で新しい生き方を見出していく。

ロードムービーというのか、青春群像活劇というのか。

自分には青春って印象を強く受けました。

ツタヤで「発掘良品」で小さい画面から流れていた映像に惹かれて借りました。

前半は、音楽とあわせてオシャレというか、とても味のある雰囲気です。

これは90年代ですが、ここら辺の年代の映画は映像に味があってとても好きです。

音楽も印象的なので、この映画を若いときにリアルタイムに見た人は、懐かしいな~ってなるかもしれません。

話としては、佳境に入っても特に目を見張るような展開はないので、これは雰囲気を楽しむ映画なんじゃないかと思います。

自分としては少し物足りなかったです。

役者の演技は、わざとらしくなく大げさでもなく、自然な感じなので、悪くありません。

コメント