エルトポ

③見て損はない

見どころ!→前半の前衛的、感覚的な映像美を見よ!

監督-アレハンドロ・ポドロフスキー 1971年 123分

出演-アレハンドロ・ポドロフスキー、マーラ・ロレンツィオ、ロバート・ジョン、他

ガンマンが小さい息子と旅をしている。

次々と砂漠にいる名うてのガンマンたちと戦い勝利するが、自分は何のために戦っていたのかと苦悩する。

そこから年月が流れ目覚めてからは、弱い人々のために生きていく。

しかし、自分が守ろうとした人々すら無残に殺されてしまう。

エルトポは、自分の体に油をかけ、焼身自殺をしてしまう。

前半と後半で、テイストが変わります。

前半はとても芸術的で、感覚的な映像の数々が、見ていて不思議な感じになる。

なんかみてしまう、これは前衛的な感じとでもいうのだろうか?

話しも、4人の強いガンマンとの対決も興味深い。

4人目の強いガンマンに至っては、まともに戦っても絶対勝てないような達人なのですが、「自分は命なんていらないんだ、ほら見てごらん」と言ってあっさり自殺してしまう。

そして、強いとは、生きるとはなんだ?とエルトポが苦悩し始める。

しかし、そこから後半に入ってからはなんかいまいちだった。

メッセージ性が入りすぎているし、その割にそれがあまり伝わってこない。

急に説教臭くなる感じがする。

演技も、後半は心理描写をかなりしっかり演じなければいけないところを、ポドロフスキーはなんか適当にやっている感じがする。

全体としては、映画とは呼べないクオリティーの低い映画になってしまっている思う。

これをジョンレノンやアンディーウォーホール、寺山修司も見て、絶賛されたらしい。

宗教色が感じられるし、なんか言いたいことも分かるけど、下手くそな映画だと思います。

前半の独特の映像美だけで全編つくってもらいたかった。

伝説的なカルトムービーと言われているけど、大したことないんじゃないか?

時代がそういう時代だったから、よしとされたのかもしれない。

発想は良いのかもしれないが、それ止まりだと思う。

カルトってこういうことなのか?

もっとうまく描けたんじゃないかと思う。

ポドロフスキー本人がインタビューで「この映画のおかげでたくさんの女性と寝たよ。わははは」と言っていました・・・。

何を言ってるんだ!

コメント