リリィ、はちみつ色の秘密

③見て損はない

見どころ!→ダコタ・ファニングの可愛さ。

監督-ジーナ・プリンス=バイスウッド 2008年 110分

出演-ダコタ・ファニング、クィーン・ラティファ、他

あらすじ

主人公の少女リリィは、幼いころ母親を過って拳銃で殺してしまい、罪悪感を感じながら生きている。

自分は母親に本当に愛されていたのか?自分の母親はどんな人だったのか、本当のことを知りたくても、父はリリィを冷たく突き放すばかり。

ある日リリィは家出をし、そこで養蜂家の黒人女性たちと出会う。

 

 

差別に負けず、強く生きている黒人女性たちに触れるリリィ。

そこで家を仕切るオーガストこそ、かつてリリィの母親の子守をしていた女性だった。

オーガストから、母親のことを聞かされるが・・・。

感想

とにかく、リリィ演じるダコタ・ファニングがかわいい。

演じているというか、もう素材そのままのような感じだ。

ダコタ・ファニングだったから、良かったんじゃないかと思う。

純粋無垢な感じが、見ていてスッと入ってくる。

黒人差別や母親の死などところどころ重いテーマはあるが、全体的に、ゆるやかな雰囲気が流れていて見やすい。

クイーン・ラティファは強い女性で、見ていてすがすがしくなる。

ウーピー・ゴールドバーグをもっと繊細にしたような感じで、知的な黒人女性の代表のような感じがする。

ダコタはこのとき13歳、今はもう20歳の大人になっている。

演技を超えた、ごくごく自然な振る舞いをするダコタ。

これからも、今までの良さを消さずに、名女優になって欲しいと願う。

コメント