Cinema Soul

~なぜ面白いのか、面白くないのかしっかり書いていく~

*

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ Lock, Stock and Two Smoking Barrels

   

監督-ガイ・リッチー 1998年 107分

脚本-ガイ・リッチー

出演-ニック・ラモン、ジェイソン・ステイサム、ジェイソン・フレミング、デクスター・フレッチャー、スティング、ヴィニー・ジョーンズ、他

簡単なあらすじ

一攫千金を狙って出場した闇カジノで大敗し、多額の借金を背負ってしまった若者4人組。

払えなければ命の保証はなく、必死で解決策を探していた4人は、自分の家の隣に住むマフィアが強盗を企ていることを知る。

4人は、強盗の強盗をすることで金を工面しようとするのだが・・・。

感想

遊び心のある展開のドタバタ劇

主人公達の若者特有の危うさが、誇張させすぎず終始バランスよく描写されていて、コメディになりすぎず見ていられる。

話の展開もこんな偶然はありえないだろうと思いつつも、どうなるのか気になってつい引き込まれてしまう。

登場人物たちは、特に誰に魅力があるという訳ではないのだが、話のダイナミックな展開が飽きさせないので、最後まで楽しませてくれる。

むしろ、誰か一人強烈な軸のような人間がいないからこそ、邪魔することなく全体がまとまっているような気もする。

登場人物たちが、やることなすこと、うまくいきそうになって失敗するという感じがむしろリアルでいい。

普通だったら、主人公達がそのままうまくいく所を見せたい作品が多い様に思うが、この作品は平気で裏切ってくるので、そういう意味で勇気のある脚本だ。

見知らぬグループの行動が裏でどんどんつながってくるという展開も、よく練られている以上に遊び心を持って作ったんじゃないかと思う。

話しを考えて、練って作り上げては壊し、また練って作り上げては壊しを繰り返し、遊びながら考えたような。

コメディのような描写もあるが、まだギリギリ見ていられる。

きっとコメディというよりはもっと見せたいことがあるからこの程度なのかもしれないが、もっとコメディコメディしていたら、酷いことになっていたと思う。

コメディ要素や偶然過ぎる話の展開や、登場人物の品のなさなどでB級感があるが、味があって良い。

B級というのは、この作品のような物であってほしい。

最後のシーンは、捨てたと思った銃が実は引っかかって捨ててなかったが、やっぱり捨ててしまったということになったらより良かったと思う。

結局てんやわんやしたけど、何も残らなかったという方が主人公達に合っている気がする。

出てくるのは小さい人間ばかりなので、憧れるような感動などはないが、気楽に楽しめる作品だ。

 - ②オススメ , , , , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

それでも夜は明ける 12 Years a Slave

見どころ→耐え続けた12年が報われるラストシーン。 監督-スティーブ・マックイー …

メランコリア Melancholia

監督-ラース・フォン・トリアー 2011年 135分 脚本-ラース・フォン・トリ …

ミッドナイト・イン・パリ Midnight in Paris

見どころ→自分の生きる道を模索する男が最後に行きついた選択。 監督-ウディ・アレ …

ルーシー LUCY

監督-リュック・ベッソン 2014年 89分 脚本-リュック・ベッソン 出演-ス …

ブラインドネス

見どころ→目が見えないということの怖さ。 監督-フェルナンド・メイレレス 200 …

マグノリア

見どころ!→人々の心の葛藤に耳を傾けよ! 監督-ポール・トーマス・アンダーソン  …

アンドリューNDR114 The Bicentennial Man

監督-クリス・コロンバス 132分 1999年 脚本-ニコラス・カザン 出演-ロ …

グラン・ブルー Le Grand Bleu

見どころ→美しい映像と音楽、ラストの主人公の選択。 監督-リュック・ベッソン 1 …

セブンス・コンチネント

見どころ!→後半に親子が取った衝撃的な行動にあなたは何を感じるか? 監督-ミヒャ …

ドッグヴィル Dogville

監督-ラース・フォン・トリアー 2004年 178分 脚本-ラース・フォン・トリ …