Cinema Soul

~なぜ面白いのか、面白くないのかしっかり書いていく~

*

ブロブ/宇宙からの不明物体 The Blob

   

見どころ!→アメーバといってあなどれない

監督-チャック・ラッセル 1988年 95分

脚本-チャック・ラッセル、フランク・ダラボン

出演-ケヴィン・ディロン、ショウニー・スミス、他

簡単なあらすじ

田舎町に火の玉が落ち、それを見に行った老人のホームレスがアメーバ状の物体にとりつかれてしまい、通りかかった若いカップルが老人を病院に運んだ。

少しの間ベッドで横たわっていたその老人にかかっていた毛布を剥ぐと、胸から下は溶けてなくなっていた。

いきなり動き出したアメーバは、カップルの男に襲いかかり、即座に食い殺してしまう。

命からがら逃げた女性は保安官に助けを求めるが、アメーバはすごい勢いで人を飲み込みながら、巨大化していくのだった・・・。

原題「The Blob」の意味

「blob(ブラブ)」=「(どろどろした液の)一滴、小さい斑点、小さい塊」という意味の名詞です。

「The Blob」=「(その)小さな塊」という意味で、かなりシンプルでそのままのタイトルですね。

感想

中々惹きつけられる冒頭

謎の生命体ブロブがアメリカの街を襲うSFホラー。

この80年代のアメリカの雰囲気はなんとも味があって素敵だ。

冒頭から、主人公だろうなと思われた格好の良い青年が、あっという間にブロブに食い殺された。

きっとこの青年が少女と一緒になって解決のために奔走するんだろう、とありきたりな展開を予想し、たかをくくっていたのが冒頭で見事に裏切られ、目が釘づけになった。

ブロブには予定調和の思惑など通用しない。

例え主人公っぽくても、容赦せずに食い殺してしまう。

そんな怖さがリアルで良かった。

その食いっぷりがまた気持ち良いくらい人間を溶かしてしまい、そのグロテスクな描写もリアルなので、中々あなどれない奴だと思わされる。

そこからは不良少年と少女が一緒になって住民を巻き込みながら戦うという展開。

最初の展開で目を惹かれる分、後半はちょっとブロブに新鮮味が欠けてだれてくる。

この後どうなっていくのかというのはなんとなく予想できるので、目で追っている感じ。

でも、80年代のアメリカの味のある時代風景も相まって、SFのホラーアクションとしてそこそこ楽しめる。

マックイーンの絶対の危機という作品のリメイクらしいが、そっちも見てみたいと思った。

 - ③見て損はない , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アマデウス Amadeus

監督-ミロス・フォアマン 158分 180分(ディレクターズカット) 脚本-ピー …

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 Locke

見どころ!→全部電話だけで何とかしようとする男の孤軍奮闘 監督-スティーブン・ナ …

イコライザー The Equalizer

見どころ→めちゃくちゃ強いホームセンター職員 監督-アントワーン・フークア 13 …

チャイルドプレイ

見どころ→人形は襲ってきたら怖い。 監督-トム・ホランド 1988年 88分 出 …

サスペリア Suspiria

監督-ダリオ・アルジェント 1977年 99分 脚本-ダリオ・アルジェント 出演 …

エスター

見どころ→エスターの正体。 監督-ジャウムコレット=セラ 2009年 123分 …

キングスマン Kingsman: The Secret Service

監督-マシュー・ヴォーン 2015年 129分 脚本-ジェーン・ゴールドマン、マ …

シャッターアイランド

見どころ!→果たしてあなたはこの島の謎を解明できるか!? 監督-マーティン・スコ …

アルティメットサイクロン Life on the Line

見どころ→ヒゲのトラボルタが、姪の為に命を賭けるシーン! 監督-デヴィッド・ハッ …

スノーデン Snowden

監督-オリバー・ストーン 2016年 134分 脚本-オリバー・ストーン、キーラ …