Cinema Soul

~面白い映画を追い求めてひたすら感想を書いていく~

洋画の吹き替えやアニメの声は、よほどのことがない限りプロの声優に任すべき

   

声優とそれ以外の人の声は段違いの差がある

少し前から思っていたことですが、最近洋画の吹き替えやアニメの主人公の声に、いわゆる専門の声優ではなく、若い俳優や女優が担当することをよく見かけます。

自分が借りる洋画は全て字幕で見ているのですが、テレビで放映されている洋画はすでに日本語に吹きかえられています。

タダで見れるものに文句を言うのもなんですが、それをなんとなく見ていて内容に惹きつけられていくうちに、この声優は下手だなと感じることが最近多々あり、吹き替えの声優を見てみると、プロの声優でない役者が演じていたりします。

アメリカで作られたアニメが日本で公開される時、もしくは洋画人気作が地上波初登場の時、プロモーションのため最初から声優ではなく、役者や芸人、アイドルやタレントが主要人物の声を担当するという宣伝もよく見ることがあります。

これは、本当に辞めて欲しい。

声優だろうが役者だろうが、違和感なくすっと見れて、良いものになればそれでいいと思うのですが、プロの声優以外の職業の人の吹き替えは、ほとんどが下手です。

純粋に聞いていて何だこの声は、と気づいてしまうくらいのレベルですから、なぜこういったことが横行しているのか、自分には理解が出来ません。

日本の声優というのは世界でも突出した独自のガラパゴス文化なのに、それをないがしろにして、その良さを理解していない、もしくは衰退しかねないことを放送する側がやり続ける、というのはいかがなものでしょう。

もったいないし、がっかりしてしまいます。

アメリカの間違った真似をしている

なぜこんなことが起きるのか?

単純に、日本人自身が日本の声優の良さというものを理解していないということに尽きるとは思いますが、一つはアメリカの真似をしているということじゃないでしょうか?

元々日本からたくさんのアニメ文化が広がっていきましたが、今やアメリカでもディズニーのピクサーやILMなどがたくさん名作アニメを世に送り出しています。

アメリカでは基本的に日本のような声優というジャンルはなく、役者が兼任していて、有名なハリウッド俳優が外国映画の吹き替えや、新しいアニメの声をやっているということも多々あります。

もちろん有名な役者がやるというのは、ある程度プロモーションもあるかもしれませんが、アメリカでは声優がいなんですから、役者が声優をやるのは不自然なことではありません。

むしろ選択肢がそれしかないからということでしょう。

これをなぜか日本は真似しだしました。

良いものはなんでも取り入れるというのは日本の良さでもありますが、これに関してはかなり盲目的に取り入れたと言わざるを得ません。

吹き替えや声優を、役者、タレント、声優、関係なくオーディションして、たまたま役者やタレントさんが勝ち取ったならしょうがないですが、そうではないでしょう。

声優じゃない方が良くなる、という確固とした理由があればいいですが、なんとなくアメリカもやっているから、自分たちもプロモーションでコンビの芸人を使ったり、話題の役者やアイドルを使ったりと、理由なく真似して流れてしまうテレビ業界に強い危惧を覚えます。

声優じゃない職業の人達も、よく易々と引き受けるもんだなと思います。

恥をかくのは自分たちだと思うんですがね。

むしろ、卓越した吹き替えや声優陣に任せた方が、より作品も面白く感じられ、それが最高のプロモーションになると思うのですが。

日本の役者でもプロの声優に負けないくらいうまい人もいる

アニメの声優で、役者が声をやっているけど、実にうまいという人も中には少ないですが存在します。

例えば、「もののけ姫」で乙事主の声をやった森繁久弥、「ファインディングニモ」のドリーの声の室井滋、「千と千尋の神隠し」の釜爺の声の菅原文太、「アナと雪の女王」でアナの声の神田沙也加など、見事に味があり、はまっている人もいるにはいます。

ジブリ作品に関しては、監督が声優か役者か関係なくオーディションしていますから、これは公平ということでしょう。

ベテランの役者で声優も出来てしまう人は、何も問題ありませんが、役者の中でも本当に数少ない人達だと思います。

ディズニーに関しては、「アナと雪の女王」では神田沙也加だけじゃなくエルサの松たか子も良かったですが、他の作品でなんでこの人が?ということが多々あるので、あまり信用は出来ません。

毎作品ごとに、役者、声優ごちゃまぜでオーディションをやって欲しいものです。

最近の地上波初登場の実写吹き替えは酷い

アニメはまだマシな方かもしれませんが、最近の実写吹き替えは実に引っかかることが多いです。

特に地上波初登場系の、比較的新しい話題作では、声優と比べたらほとんど棒読みに近いくらいの人達がたくさん出ています。

ディズニーは少しですが、変にならない様に向こうから見てくれてる感じはまだあるのですが、その他たくさんの洋画は製作者の目が行き届かない、もしくはある程度自由にやって良いということで起こることなのでしょうか?

もし自由にやって良いという事だとしても、良し悪しも分からずキャスティングするのはいかがなものかと思います。

特にうまいわけでもなく、最近結婚したりしてただ話題になっただけの役者が主人公の声優をやっていたり、声優の絶妙な声の表現を昔に知ってしまっているだけに、実に苦痛です。

タダで放送されているので、無理に見る必要はないんですよね?

もちろん自分で借りて見てもいいのでしょうが、昔のような洋画が始まるわくわく感というのは、もう感じられないのかと思うと寂しさも感じます。

逆に言うと、いかに日本の吹き替えや声優の人達が、作品の面白さにプラスアルファで楽しさを提供してくれていたのか、ということがよく分かります。

ルパンの山田康雄は亡くなってしまいましたが、ジャッキーの声の石丸博也や、スタローンのささきいさおや玄田哲章も若くはありません。

大塚明夫や山寺宏一はまだ50代ですが、味のある吹き替え声優陣は高齢の方が多いのは確かです。

声優は普通の役者に比べて高齢でも若い役を演じることが出来るので、まだまだ活躍できることだとは思いますが、もしこういった方々がいなくなってしまい、棒読みに近い役者だらけの吹き替えになってしまうと思うと、寂しすぎる。

上記のレジェンド達だけをキャスティングしろと言っている訳ではなく、感情表現豊かではまっていればそれでいいんです。

ただ彼らがやってきたことが重厚過ぎて、比べものにならないと肌で感じてしまうというだけです。

夜の映画娯楽文化の危機

声優は普通の役者よりも演じられる年齢の幅や役数が多く、選手生命がかなり長いがゆえに、代わりとなる若い人が必要とされないという特殊な実情もあり、後進が出てきづらいというのもあるのかもしれません。

これはもしかしたら、国が文化保存の為に動かないといけないくらいのことなのじゃないでしょうか?

しかしそれはそれとして、吹き替えやアニメの声優をプロに任せる、もしくはオーディションで選ぶという事はやるべきです。

今はネットが普及して、ネットでも簡単に映画を見られる時代になっているがゆえに、テレビで映画を楽しみにするという時代ではなくなってきているのは確かかもしれません。

それでも、小さい頃に見た感情豊かな洋画の吹き替えや、味のあるアニメ声優のセリフなど、強烈な印象で、今でも心に残っているものがたくさんあります。

せっかくテレビがあり、映画やアニメを放送できるのですから、そういった体験を若い世代が出来なくなってきているというのはなんとも残念です。

というか、自分もまだまだ体験したいです。

警鐘を鳴らし続けたい。

テレビ関係者は一体何を考えているんだ?

 - こぼれ話

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本人と外国人の演技の違いPart2

立ちはだかる「感情の壁」 日本人はなぜ演技が下手なのか? それは日本人が日本語と …

日本人と外国人の演技の違い

日本人は演技が下手! 日本人と外国人には演技に違いがあります。 日本人と言っても …