魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

キューブ Cube

   

監督-ヴィンチェンゾ・ナタリ 1997年 90分

脚本-ヴィンチェンゾ・ナタリ、グレーム・マンソン、
アンドレ・ビジェリク

出演-モーリス・ディーン・ウィント、ニッキー・グアダーニ、ニコール・デボア、他

感想

あまり疲れているように見えない

理由もわからず閉じ込められた人達が助け合い、時には喧嘩しながらこの謎の部屋から脱出を試みる。

少ない登場人物達の会話劇、密室劇である。

設定は悪くないが、出演者の演技に全体的に緊迫感がなく、見ているこっちにさほど緊張感は伝わってこない。

理由もわからず水すら与えられずに12時間以上も閉じ込められていたら、疲れていらいらしたり、焦りや恐怖などが出てきて精神状態もおかしくなるだろう。 

どんどん全体的に疲弊していく感じがもっとあってもいいが、そういう様子がかなり足りない。

精神的・身体的苦痛を与えるづけられるこの理不尽な状況に対して、だんだん溜まってくる怒りや深刻さというものがあまり伝わってこないから、後半に向けて緊迫感が高まってこない。

密室劇であるがゆえに、リアルな演技が命であるわけで、そこが抜け落ちてしまうと一気に演劇的な作り物に感じてしまう。

謎を解いて嬉しいなどという次元ではなく、解けたとしても生きれる希望に対する喜びはあっても、もうヘロヘロになっているはずだが、後半でもまだ全員に余力はかなりある感じがする。

実際には休憩などしながら撮影している訳で、役者自体は大して疲れていないんだろう。

疲れている演技が出来ないのであれば、そのまま出てしまっては見ていて違和感があるのは当然だ。

そこらへんのリアルな焦燥感、実際に箱の中にいると感じる暑さや息苦しさや窮屈さ、いらだちというものが役者の演技を通してもっと真に迫ってこないと見ていてきついものがある。

クエンティンが目立ちすぎる

こんなに理不尽な状況におかれ、精神的にも肉体的にも苦痛を与えられ続けては、なんとかして脱出するために皆で協力せざるを得ない。

その協力していく中で仕掛けによって理不尽に命を奪われたりするというのなら、それはホラーであり、ドラマもある。

もしくは、普段は正常に見える人間が、精神状態が不安定になり、ささいなことで腹を立てたり、自分だけ助かりたいために人を陥れ、またそれに賛同するものが出てきたり、どろどろした人間模様も見どころがあるだろう。

この作品の場合、なぜかおかしくなるのはリーダーになるクエンティンだけであり、後半はこのクエンティンからいかにして逃げるかというテーマにすり替わってしまう。

他の人も一緒になっておかしくなっていればまだ分かるが、それがクエンティンだけなので、長時間の疲労などで精神に支障をきたしたというよりも、もともとそういう人間だったという様に見えてしまう。

とても警察官の取る行動はしていないし、なぜおかしくなったのかという描写もなく、他の人は大して変わっていないことから見ても、もともとクエンティンがおかしいんだろう。

もしあくまでもこのおかしな状況のせいで正常なクエンティンが狂ったというのなら、他の人も同じように狂い、クエンティンにコバンザメの様に取りつく人間が出てきたり、一緒になって酷いことを言う人間が出てきたっていい。

実は警察官でもなんでもなく、虚言壁のあるこの男を、箱を作った側の人間があえて場を混乱させるために投入したというのならまだ分かるが、そういう描写もない。

描かれているのは、こんな理不尽な状況になったら人は狂うという怖さではなく、このクエンティンというもともと狂っている男の怖さである。

そこらへんがごっちゃにされていてもやもやするし、箱自体の存在感も薄れてしまっている。

狂うなら全員狂う、もしく誰も狂わずみんなで協力するかのどっちかで、もしクエンティンの怖さを描きたいのであれば、キューブという理不尽な状況の設定自体いらない。

もうちょっとクエンティンを押さえた上で、人間の精神の変わり方や箱自体の怖さを見たかったと思う。

人間ドラマが足りない

登場人物にはそれぞれ背景があるが、それもあまり掘り下げられていなく、ドラマとして絡み合ってこない。

普段は目立たなくていつも人目を気にしてこそこそしている数学少女がここぞというところで能力を発揮し、皆を導くなら感動もあるが、レブンの振る舞いは最初ちょっと臆していただけであり、そんな陰気な感じもしない。

サバン症候群と思われるカザンは足手まといになっていたが、ものすごい計算能力でみんなを助けるなら分かるが、もともと大して足手まといにもなっていない。

カザンはむしろ、「静かにしろ」と言われて音に反応する罠のところで結構静かに出来たし、後半に行くにつれてどんどん普通になっていっているように見える。

そこらへんのうわべの人間像がドラマを生みだす要素には物足りない。

これといったドラマがほぼクエンティンの横暴さだけなので、密室劇としてはかなり物足りない。

低予算で作られた実験的な作品ということを鑑みれば、上出来なのかもしれないが。

 - ④物足りない ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スターウォーズエピソード1/ファントム・メナス

見どころ→ダースベイダーも昔は可愛かった。 監督-ジョージ・ルーカス 1999年 …

アメリ

見どころ→アメリという人間の可愛らしさ 原題-「Le Fabuleux Dest …

呪怨

感想 奥菜恵の演技が怖い 奥菜恵の演技が怖い。 奥菜恵が怖がっていると、こっちも …

パシフィック・リム Pacific Rim

監督-ギレルモ・デルトロ 113分 2013年 脚本-ギレルモ・デルトロ、トラビ …

ストーカー One Hour Photo

見どころ→あなたの写真は全てサイに見られている・・・ 監督-マーク・ロマネク 2 …

SPEC 結 爻ノ篇

見どころ!→世界を救うために当麻が立ち向かう! 監督-堤幸彦 2013年 95分 …

デビルズ・リジェクト マーダー・ライド・ショー2 The Devil’s Rejects

見どころ!→あなたはこの狂気の一家に親しみを感じずにいられるか!? 監督-ロブ・ …

シッピングニュース The Shipping News

監督-ラッセ・ハルストレム 2001年 111分   脚本-ロバート・ネルソン・ …

アナと雪の女王

見どころ!→表情豊かなキャラクター達! 監督-クリス・バック、ジェニファー・リー …

ザ・エージェント

見どころ→トム・クルーズが電話で怒る姿。 監督-キャメロン・クロウ 1996年  …