魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

パンズラビリンス Pan’s Labyrinth

   

監督-ギレルモ・デルトロ 2006年 119分

脚本-ギレルモ・デルトロ

出演-イバナ・バケーロ、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル、他

あらすじ

舞台は独裁政権と抵抗軍が内戦状態にあるスペイン。

主人公の少女オフェリアは、母が冷徹な独裁政権軍の大尉と再婚したことにより、母と一緒に田舎に移住し、政権軍と行動を共にすることになる。

大尉はとても父と呼べるような人間ではなく、気にくわない市民に冷徹な仕打ちを平気で行っていく。 

オフェリアはそんな父と距離を起きながら、森で出会った怪物達と触れあい、非日常のファンタジーの世界に没頭していく。

一方抵抗軍は、政権軍への反乱の機会を狙っていて、オフェリアも巻き込まれていく。

感想

ファンタジーとシリアスなドラマの融合

SFであるが、内戦状態の厳しい社会情勢がしっかりと描かれ、それが軸になっていて、人間ドラマとしても重厚さが感じられる。

そんなドラマの中にファンタジーの部分が、気持ちの悪いリアリティを感じられる映像美と共にうまい具合に入り込んでいる。

政権側と抵抗軍のせめぎあいが進む一方、オフェリアと怪物達の関係性も進展していき、二つのストーリーが微妙に絡み合いながら並行して進んでいく。

曖昧なラストシーン

両方の展開が熱を帯びていくにつれ、これはどうなっていくんだと、期待感が膨らんでいくが、最終的な結末が悲惨な結末を迎える。

これは賛否が別れる所だと思うが、自分は好まない。

オフェリアは最終的にはファンタジーの世界へ行けたというのは良いとしても、果たして現実世界で命を落とす必要があったのか?

現実世界で命を落とさずにファンタジーの世界へ行ったって良かった訳だろう。

実は自分の命を捨ててでも弟を守るのが最後の試練だったというのも、なんだか怪物側の後付けにも思えるし、高圧的な印象もあり、なんともいけ好かない。

全て妄想なのか、そうでないのか、投げかけて来る所もむずがゆく感じる。

あえてどっちつかずにして考える選択肢を与えているつもりかもしれないが、お門違いで、本当にどっちつかずだ。

下がる裏切り方であり、こんなファンタジーはないだろう、他はやってないだろうというだけでやってはダメだ。

かわいそうな少女に見えるという要素が、短絡的な結末を招いてしまう。

もし妄想だとしたら

もし妄想だったとした場合、たまにこういうオチはあるが、大嫌いだ。

それがリアルな現実だと言われても、ただ厳しい現実を見せられただけでは強いメッセージにはならない。

確かに、オフェリアにしてみたらおよそ父と呼べるはずのない冷徹な人間が父で、そんな父についていこうとして、自分のことなどあまり考えてくれていない母、そしていつどうなるか分からない社会情勢は少女にとってはとても辛すぎるものだろう。

生きていても生きている心地などせずに、妄想の方がよっぽどリアルに感じるのかもしれない。

そんな妄想の中で生きたからと言ってオフェリアがちゃんと生を全うしたことに変わりはなく、決してオフェリアを責めるわけではない。

現実は悲惨でも妄想は自由である、という現実と妄想の対比で、現実は悲惨な結末で終わるというストーリーは他でも見かけ、確かにリアルかも知れないし、そう描くのも自由だが、何が面白いのか分からない。

妄想も現実の一部であり、強い妄想は現実に多分に良い影響を及ぼすことだってあり、妄想は決して辛い現実の隠れ蓑ではない。

それが、結局大して影響せずに、最終的に現実には勝てない言っているように感じられ、腹が立つ。

あの大尉なんて、レジスタンスに最後は囲まれて銃で撃たれたが、そんなものは甘すぎるほどの酷い人間な訳で、あれでは全然足りない。

ましてやこの世界は実際に存在した内戦を舞台にしている訳で、ホラーにもなり得ない。

その独裁政権を正当化しているとまでは言わないが、メッセージが弱い。

その先のもっと強いメッセージを見たい訳で、お涙ちょうだいレベルであえて止めている感じが胸くそ悪い。

実際にこの内戦でオフェリアの様に命を落とした子供だって存在するだろうし、もし全て妄想だとして、オフェリアにとってのファンタジーの世界が、実際に命を落とした子供にとっての「パンズラビリンス」にはなり得ない。

もし自分が内戦で命を失った子供だとして、幽霊になってこの「パンズラビリンス」を見た時、代弁してくれているなんて微塵も思わないだろう。

むしろ、最後まで妄想でなくファンタジーで突き通してもらった方が、心が落ち着く。

この妄想を匂わすオチを見た時に、幽霊ながらにショックを受けそうだ。

妄想だとするならば、妄想でも報われたと思える描き方を見たかった。

例えどんなに妄想を匂わさない作り方だったとしても、見ている側はいくらでも「これは妄想だ」と言えるわけだから、匂わす必要はない。

そうなると、自分にとっての「パンズラビリンス」は、オフェリアにとってのファンタジーの世界では全くない。

妄想でなかったら

もし妄想ではなく、怪物たちは実際に存在していて、魅力のない現実よりもファンタジーの世界に行けて嬉しいということであればかわいそうには見えないし、良いと思うが、その描写も足りない。

終盤までは良いとしても、最後は現実に影響を及ぼしたはっきりとした描写が欲しい。

最後らへんのシーンに凝縮してもいい。

大尉には怪物が見えてしまってもいい、オフェリアが命を落とさずに姿を消してファンタジーの世界に行ったっていい。

怪物のパンが、邪魔だからと大尉を一瞬でやっつけたっていいだろう。

映画の表現の仕方は自由なので、最後に妄想なのかそうじゃないのか曖昧にしてもかまわない。

しかし、確かに物議は醸すかもしれないが、そこで止まっていて、心を揺さぶってくるメッセージまでにはなり得ていない。

 - ④物足りない ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アナと雪の女王

見どころ!→表情豊かなキャラクター達! 監督-クリス・バック、ジェニファー・リー …

ブルーラグーン

見どころ!→ミラ・ジョボビッチの無垢な可愛さ! 監督-ウィリアム・A・グラハム  …

5フィンガーズ

原題-Five Fingers  2006年 87分 監督-ローレンス・マルキン …

マラヴィータ The Family

見どころ→マフィアの家族はやはりマフィア! 監督-リュック・ベッソン 2013年 …

SPEC 結 爻ノ篇

見どころ!→世界を救うために当麻が立ち向かう! 監督-堤幸彦 2013年 95分 …

シッピングニュース The Shipping News

監督-ラッセ・ハルストレム 2001年 111分   脚本-ロバート・ネルソン・ …

パシフィック・リム Pacific Rim

監督-ギレルモ・デルトロ 113分 2013年 脚本-ギレルモ・デルトロ、トラビ …

ザ・エージェント

見どころ→トム・クルーズが電話で怒る姿。 監督-キャメロン・クロウ 1996年  …

スターウォーズエピソード1/ファントム・メナス

見どころ→ダースベイダーも昔は可愛かった。 監督-ジョージ・ルーカス 1999年 …

ダンス・ウィズ・ウルブズ Dances with Wolves

見どころ→インディアンに対するあなたの見方が変わる! 監督-ケビン・コスナー 1 …