Cinema Soul

~なぜ面白いのか、面白くないのかしっかり書いていく~

*

機動警察パトレイバー the Movie

      2017/06/03

監督-押井守 100分 1989年
脚本-伊藤和典
声優-古川登志夫、冨永みーな、大林隆介、榊原良子、他

感想

 個性的な登場人物、熱いストーリー・・・

個性的な登場人物たちが、それぞれの個性を生かしながらパトレイバー暴走を食い止める。
のらりくらりとした上司が実は切れ者で、部下や上層部を動かすために水面下で手を回していたり、静かな粋な振る舞いが格好良い。
後半、何者かの陰謀により、暴走をし始めるであろうパトレイバー達を、警備課が独自の判断で破壊しに向かう所はなんともぞくぞくする。

最終的には承認を取り付けるものの、もし間違っていればクーデターともとられかねない危険な行動だ。

しかし、そこにはただ上からの命令に従うだけではない、何者にも縛られない確固たる正義感というものが、現場の警察官たちに流れているからこそ出来ることだろう。

善悪の判断は上からの判断以前に自分達で判断できるという誇りを持っていて、また、それは決してただのエゴや自己顕示欲ではなく、正しいに決まっているという強い気持ちだ。

見ていて熱い気持ちになってくる。

目的は人命を救うことであり、そのためには地位や名誉を賭けてでも行動を遂行するという気持ち。

だからといってただの末端の暴走ではなく、物分かりの悪い上層部との絶妙な駆け引きも描かれていて、あくまで冷静であるところが格好良い。

集まったパトレイバーの敏腕パイロット達が、プラントに乗り込んでいく様が音楽も相まって盛り上がり、実に格好良い。

今は音源を新しくリニューアルしたバージョンがDVDで選べるが、見るなら断然そっちの方が迫力をより感じられるのでおすすめだ。 

今の日本の実写のドラマや映画は、リアリティのない演出や演技の問題から、引っ掛かりすぎて楽しめないものがほぼ100%だが、こういう作品を見ると、アニメにかなわないのではないかと思わされる。

世界に誇る声優と、独特の表情豊かな二次元の登場人物達が、見応えのある世界観を作り出している。

実写では日本人がまだまだ表現できない世界じゃないだろうか。

パトレイバーのシリーズは見たことがなかったが、かなり楽しめた。

 - ①今すぐに見るべき! , , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スイス・アーミー・マン Swiss Army Man

監督-ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン 2016年 97分 脚本-ダニエ …

ロレンツォのオイル/命の詩 Lorenzo’s Oil

監督-ジョージ・ミラー 1992年 129分 脚本-ジョージ・ミラー、ニック・エ …

その土曜日、7時58分

見どころ→リアルな兄弟の緊迫感。 監督-シドニー・ルメット 2007年 118分 …

ダウト~あるカトリック学校で~

見どころ!→ホフマンとストリープの舌戦を見よ! 監督-ジョン・パトリック・シャン …

エクソシスト(ディレクターズカット完全版) THE EXORCIST

監督-ウィリアム・フリードキン 1973年 122分 脚本-ウィリアム・ピーター …

96時間

見どころ!→いつもと別人の様な父の姿を見よ! 監督-ピエール・モレル 2008年 …

その男、凶暴につき

見どころ!→したたり落ちるたけしの殺気 監督-北野たけし 1989年 103分 …

地獄の黙示録

見どころ!→カーツ大佐の王国を見よ! 監督-フランシス・フォード・コッポラ 19 …

フォックスキャッチャー Foxcatcher

見どころ!→リアルな人間描写 監督-ベネット・ミラー 2014年 135分 脚本 …

ザ・プロデューサー

見どころ!→ケビン・ペイシーの窮地からの逆襲! 監督-ジョージ・ホアン 1994 …