魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

エンター・ザ・ボイド Enter the Void

   

監督-ギャスパー・ノエ 2009年 143分

脚本-ギャスパー・ノエ

出演-ナサニエル・ブラウン、バス・デ・ラ・ウエルタ、他

感想

ゆったりとした独特の俯瞰映像

終始退屈な作品だった。

序盤から命を失った主人公が空を彷徨いながら残された妹や自分の友人達の動向を俯瞰した映像で見ていく。

発想は面白いし、映像自体色鮮やかに工夫されているところも多く、テクノっぽいBGMがより独特なサイケデリックな世界観を盛りたてている。

しかし、彷徨っている主人公の思いが大して感じられなく、何も心に響かない。

なぜ霊魂になってさ迷っているのか?

それは、残された人が心配で気になったり、謝りたいことがあったり、感謝していたり、生きている人への強い思いがあるから、さ迷いながら見守っているんだろう。

この主人公の生い立ちは確かに辛いところもあるだろうが、決して誠実に生きようとしているわけではなく、唯一残された肉親の妹と妹以上の関係なったり、何より自堕落に薬に頼っているところなど、まるで魅力的な所がない。

共感はもちろん、応援も出来るはずなく、そんな魅力のない人間が死んだあとに霊魂になって彷徨っている映像を見せられたところで、だからなんだと思ってしまう。

自分のやりたいように欲望を満たしながらだらだら生きていた人間が突然死んだところで、大した未練もないだろう。

あるのは浅い後悔ばかりなんじゃないか?

霊魂になってさまよっているうちに自分を見つめ直し、霊魂だけれども成長したという訳でもないだろう。

薬と結びつけるためには、ある程度堕落した人間でないといけないのかもしれないが、もっと言えば薬の設定自体ごっそりいらない。

真面目に生きようとしていた普通の青年が、やりようのない思いをかかえながら、俯瞰の映像と共に霊魂になって彷徨っている、そんな作品であれば心惹かれたと思う。

せっかく良い角度を見つけたのに、薬やサイケデリックな映像とつなげる必要なんてない。

物語としては、何も面白味がない薄味の物語だ。

とはいえ、もともとそういう世界ありきで作られた作品だろうから、しょうがないんだろう。

派手なそっちの世界

色鮮やかな幾何学模様が動いたり、カラフルなネオンや繰返しのテクノっぽい音楽など、こういう世界は薬が作り出す世界だとか言われ、さも独特の文化があるかのように語られがちだが、たかが知れている。

視覚や聴覚に響かせる芸術はそれはそれでいいとしても、なぜそっちの世界と結びつけるのか?

この作品中にも色鮮やかな模型や幾何学模様、耳に残るテクノ音などが所どころ出てくるが、心揺さぶられるほどに視覚や聴覚を強く刺激されるものもなく大したことはない。

きれいだね、カラフルだねくらいのものだ。

かなり眠くなる。

人間自体、物語自体に魅力がない上に、死や輪廻という哲学を盛り込まれた所で薄味に変わりはない。

高尚なことを表現しているつもりでいて、なんとも幼稚な考えだと思う。

こういうものをさもオシャレだろうと言わんばかりの連中の姿勢にはいつもなんだかなあと思う。

 - ⑤時間を返して・・・ ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

R100

見どころ!→君は本当のSMの世界を知っているか!? 監督-松本仁志  100分  …

マラソンマン

見どころ→知的だが残虐なローレンス・オリビエの拷問シーン。 監督-ジョン・シュレ …

シャイニング

見どころ!→ジャック・ニコルソンの狂った演技 監督-スタンリー・キューブリック  …

シューテム・アップ

見どころ!→寡黙なクライブ・オーウェンが銃弾の雨を降らす! 監督-マイケル・デイ …

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

見どころ!→若返っていくブラッド・ピット! 監督-デヴィッド・フィンチャー 20 …

エスケイプ・フロム・トゥモロー Escape from tomorrow

感想 全編白黒のこの作品。 テーマパークを家族と訪れる男の妄想と合わせて物語が展 …

冷たい熱帯魚

見どころ!→でんでんの神をも恐れぬずぶとい犯人! 監督-園子温 2010年 14 …

タイタニック

見どころ!→一世を風靡したあのシーン? 監督-ジェームズ・キャメロン 1997年 …

十三人の刺客

感想 稲垣五郎の非道な演技 見どころは何と言っても稲垣五郎演じる暴君の藩主だろう …

めがね

見どころ!→南の島のきれいな海と、ゆる~い空気感! 監督-荻上直子 106分 2 …