魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

女はみんな生きている chaos

   

監督-コリーヌ・セロー 2001年 112分

脚本-コリーヌ・セロー

出演-カトリーヌ・フロ、ヴァンサン・ランドン、他

感想

緊張感がまるでない作品

終始緊張感のない映像で最後まで見るのがかなりきつかった。

ありきたりなカメラワークや意味のない顔のアップ、緊張感を削ぎ落とす不必要に多用する軽快な音楽、終始軽くて適当な登場人物達の演技、浅いコメディ要素・・・。

逆にすごいが、こんな合わせ技をされたら、どんなに良い脚本でも良いものにするのは難しいと思う。

良かったシーン

良かったのは、終盤でノエミが自分の話を聞こうとしない妹を説得するシーンだ。

母国の古い悪しき慣習や目先の利益にしか目がいかない自分たちの家族への痛烈な批判を妹に聞かせる。

普通に暮らしている人たちが無意識に感じているが、見て見ない振りをしていることを一気にまくし立てていく。

実に格好良い姿だが、妹はそれでも心動かされなかった。

妹もそんな世界に浸っている人間だから、ちょっと言われたくらいじゃ気づかないんだろう。

あとは、自分を見つめようとしない旦那が自分の母親と対面させられて、涙を流すシーン。

雑多な日常をこなすだけの毎日を送っていくことで、家族への愛情などを忘れていってしまう。

不必要な軽快さ

終始軽いコメディのノリの様なものが感じられ、真に迫ってこない。

緊張しかけたと思ったらすっと抜けてしまう。

軽快な音楽も多用されていたが、すでに場面が軽快なのだから、さらに流されるとよりあざとく感じてしまう。

中途半端な演技

誰一人として真剣に演じている様には感じない。

これは一体どういう演出なんだろうか?

本当にその人になりきっているというより、全員演技の真似事をしている感じしかしなくて、本当にリアルに感情がぶつかっている場面がほとんどない。

面白おかしくしようという意図もあるからなんだろうが、それぞれがうわべでしか演じてないから、終始見るに堪えない。

真剣にぶつかっている中に面白さがある訳で、最初から面白さを狙っているこの手のコメディの感じはじつにきつい。

ノエミを演じた女優の演技も実にあざとく下手くそで、見ていて恥ずかしくなってくる。

まあ、監督が演出しているので俳優に罪はないが。

テーマは悪くない

男たちが優位な社会へのアンチテーゼとも言うべきテーマは悪くない。

もしかすると、フランスの人からしたら思い当たる節がすでにあるから、多くを説明しなくても共感できるテーマなのかもしれない。

もちろん日本社会にも通ずるところもあると思う。

テーマ自体は悪くないとしても、見せ方に真剣さが欠けていて、感じるものが少ない。

技術のうまさとか、テクニックを見せて欲しいわけではないし、粗削りでも全然かまわない。

しかし、監督の真剣さや痛烈なメッセージというものが、軽いノリのようなものが邪魔をして何も感じない。

本当にメッセージを伝えたいのならなぜ真剣にやらないのか?

そもそも不満を抱いているのかとすら思う。

こんな適当なやり方で、世の女性を代弁しているつもりなのか?

この作品を見た男性が楽しそうに笑っているのを見て監督は楽しいのだろうか?

それこそ冗談として受け止められている訳で、世の男性を顔面蒼白させるような作品を作りたいとは思わないのか?

まあ、フランスの原題が「chaos」なのに、邦題が勝手に「女はみんな生きている」とつけただけで、監督はそんなメッセージを入れようと思って作ったのではないのかもしれない。

そうだとしたら本当に中途半端だ。

シリアスでもないしコメディに徹している訳でもない。

シリアスの方がよっぽど見ごたえがあったと思う。

時に悲劇が喜劇に転嫁することだって往々にしてある訳で、最初からコメディを狙うのはあざとい以外の何ものでもなくなってしまう。

それにしても、「女はみんな生きている」って失礼な邦題はどうなんだ?

 - ⑤時間を返して・・・

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

見どころ!→若返っていくブラッド・ピット! 監督-デヴィッド・フィンチャー 20 …

ステキな金縛り~ ONCE IN A BLUE MOON

見どころ!→西田敏行の落ち武者!? 監督-三谷幸喜 142分 2011年 出演- …

ブルース・オールマイティ

原題-Bruce Almighty 2011年 101分 監督-トム・シャドヤッ …

SPEC  結 漸の篇

見どころ→竜雷太の生き様。 監督-堤幸彦 2013年 95分 出演-戸田恵梨香、 …

十三人の刺客

感想 稲垣五郎の非道な演技 見どころは何と言っても稲垣五郎演じる暴君の藩主だろう …

めがね

見どころ!→南の島のきれいな海と、ゆる~い空気感! 監督-荻上直子 106分 2 …

時をかける少女

見どころ!→思春期の淡い恋心そのままに! 監督-細田守 2006年 98分 出演 …

エンター・ザ・ボイド Enter the Void

監督-ギャスパー・ノエ 2009年 143分 脚本-ギャスパー・ノエ 出演-ナサ …

シューテム・アップ

見どころ!→寡黙なクライブ・オーウェンが銃弾の雨を降らす! 監督-マイケル・デイ …

ソウルキッチン Soul Kitchen

見どころ→潰れかけた店はこうして繁盛していく! 監督-ファティ・アキン 2009 …