魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

インヒアレント・ヴァイス Inherent Vice

      2016/09/24

あらすじ

1970年代のロサンゼルス。

病院の一室で探偵業を営むヒッピーのドックに、ドックの元彼女であるシャスタがある依頼を持ち込む。

シャスタは現在不動産業の大物ウルフマンの愛人であり、ウルフマンは失踪、その原因がウルフマンの妻と妻の愛人にあるんじゃないかというものだった。

早速調査を始めたドックだったが、調べ始めた事件は予想以上に根深く、翻弄されていくドック。

知り合いの弁護士の協力を得ながら、エキストラをやっている警部補、ウルフマンの取り巻き達など、個性的な面々と対峙しながら調査を続けていく。

ドックは事件の真相にたどり着けるのか?

感想

不思議な映画

実に取りとめのない映画だ。

見終わって、これという感触がない。

一応ストーリーはあるが、あってないようなもので、あまり重要な要素にはなっていない。

見せたいものがストーリー的な物ではなく、この作品全体に流れる雰囲気なんだと思う。

見ている者にハラハラさせる気もなければ、感動させようとい意図もない。

何もないかというと決してそんなわけではなく、何か言葉に出来ない独特の雰囲気が漂っている。

どこかオシャレな雰囲気さえ感じるから、不思議な作品である。

個性的な登場人物

登場人物が個性的で目を惹かれる。

警部補のビッグフットなど、奇妙な人物像をジョッシュ・ブローリンが見事に演じている。

ウルフマンの妻や手下なども、おかしな人間ばかりが出て来る。

独特の登場人物たちの振る舞いは滑稽ではあるが、コメディの様でコメディでもない。

あざとく笑わそうという訳でもなく、おかしな雰囲気。

そういった登場人物たちがまた作品全体の不思議さを形作っている。

ホアキン・フェニックス演じるドックもまた、一応探偵として解決に尽力はするが、強い正義感や意志を見せる訳でもない。

どういう人間なのかは分からない。

ホアキン・フェニックスはこういうどこかつかめない人間をやらせたらピッタリだ。

本人自体にそういう要素があるのかもしれないが。

雰囲気を味わう映画

この作品は、探偵が何か事件を解決していく映画だと思うと期待を裏切られる。

決してサスペンスやミステリーでもなければ、アクションでもない。

あくまでもこの世界観や独特の雰囲気を味わう映画だと思う。

奇妙な登場人物たちを見るのも悪くない。

タイトルにもなっている「インヒアレント・ヴァイス=内在する欠陥」という言葉がこの作品のテーマではあると思うのだが、それもよく分からない。

文学作品が元になっているから、きっと哲学的な意味があちこちに散りばめられているのだろうが、かといって、それを回収したら全てがつながった、という類の作品でもないだろう。

ただ、この独特の雰囲気に浸ればそれでいいんだと思う。

何も求めないで見る感じか。

もしかすると、1970年代のロサンゼルスを知っている人からすると、強烈に何か感じるものがあるかもしれない。

 - ③見て損はない ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミッションインポッシブル

見どころ!→ド派手なスパイアクション!ワイヤーの使い方はこうだ! 監督-ブライア …

夕日のギャングたち Duck You Sucker

見どころ→これぞジェームズ・コバーン! 監督-セルジオ・レオーネ 157分 19 …

リリィ、はちみつ色の秘密

見どころ!→ダコタ・ファニングの可愛さ。 監督-ジーナ・プリンス=バイスウッド  …

フロム・ダスク・ティル・ドーン From Dusk Till Dawn

見どころ!→後半から別物の映画に!? 監督-ロバート・ロドリゲス 108分 19 …

007 ダイ・アナザー・デイ

見どころ→イギリスらしいスタイリッシュなボンド。 監督-リー・タマホリ 2002 …

バーレスク Burlesque

あらすじ アメリカの片田舎のカフェでウェイトレスをしていたアリは、歌手として生き …

TAXI

見どころ→街中をタクシーが猛スピードで疾走する。 監督-ジェラール・ピレス 19 …

エルトポ

見どころ!→前半の前衛的、感覚的な映像美を見よ! 監督-アレハンドロ・ポドロフス …

シャッターアイランド

見どころ!→果たしてあなたはこの島の謎を解明できるか!? 監督-マーティン・スコ …

インクレディブル・ハルク

見どころ!→ハルクと悪役の肉弾戦! 監督-ルイ・レテリエ 2008年 112分 …