Cinema Soul

~面白い映画を追い求めてひたすら感想を書いていく~

チョコレートドーナツ Any Day Now

      2017/09/28

見どころ→あなたは感動できるか?

監督-トラヴィス・ファイン 2012年 97分

脚本-ジョージ・アーサー・ブルーム、トラヴィス・ファイン

出演-アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、他

感想

無理に悲劇的に持っていってないか?

なぜ、あそこまでマルコに二人が固執する理由が分からない。

適当な母親の代わりに自分たちが親になると、差別を受けることを覚悟の上で戦う姿勢は格好良い。

きっと、差別は今でこそ、最初からなかったみたいになっているが、昔は本当に酷かったんだと思う。

そういう意味で、その時代の理不尽な雰囲気が伝わってきて良かった。

ルディとポールも、同性愛の感じがよく出ていてリアルである。

しかし、なぜマルコをあそこまで可愛がっているのか、それは彼の性格を好きになったのか、子供ならだれでも良かったからなのか、特別な関係が築けたからなのか、ということが描かれていないので、疑問が残る。

あの映像だけでは、なぜか?ということが分からない。

マルコを純粋に好きになり、マルコも二人に懐いている、という所がもっと描かれていても良かったと思う。

一緒に誕生日を過ごしたりしたマルコとの日々をまとめた映像を、さらっと流すくらいでは全然足りない。

ああいう障碍を持っていても、ある程度意思表示できる人だっているし、二人が好きだと意思表示をすることだって出来るのに、マルコにはほとんどさせなかった。

なぜ二人はマルコを育てたいのか、というのは重要な理由で、これがはっきりしていて欲しかった。

そうでなければ、ただ自分たちのエゴの為に育てたいと主張していると思ってしまう。

障碍という要素もそうだが、脚本家が、とにかく理不尽な社会を演出するために無理やり盛り込んだ、しかも感動させるために、と考えたらかなり胸くそが悪くなってくる。

ともすれば、障碍を持っているという設定はいらなくて、同性愛の二人が子供を養子にするというだけの話をちゃんと描いた方が良かったんじゃないかとも思う。

親よりも親らしく、マルコも懐いていて、どっからみても本当の親よりもマルコの親に向いている、という様な描写でも良かった。

そして、無理に理不尽さを描くのではなく、それを目の当たりにした裁判官や本当の親もぐうの音が出ず、マルコを二人に譲る、という話でも十分感動的だろう。

むしろ、そっちの方がポジティブで良いんじゃないか?

実話は育児放棄された障碍児を育てた、ということなんだろう?

映画の様に少し一緒にいたのか、ちゃんと育て上げたのかは分からないが、もし実話が育て上げたということなら、そっちの方がすごい話じゃないか。

 - ④物足りない , , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アンノウン Unknown

監督-ジャウム・コレット=セラ 113分 2011年 脚本-スティーブン・コーン …

ホステル

見どころ!→金持ち達の悪趣味な遊び! 監督-イーライ・ロス 2006年 94分 …

呪怨

見どころ→化け物が階段を下りて来るシーン。 監督-清水崇 2003年 92分 脚 …

ブルーラグーン

見どころ!→ミラ・ジョボビッチの無垢な可愛さ! 監督-ウィリアム・A・グラハム  …

マラヴィータ The Family

見どころ→父がマフィアだと、息子や娘も普通じゃない。 監督-リュック・ベッソン  …

キューブ Cube

監督-ヴィンチェンゾ・ナタリ 1997年 90分 脚本-ヴィンチェンゾ・ナタリ、 …

グリーン・デスティニー

見どころ→イェンが最期の行動が美しいシーンになっている。 英題-Crouchin …

ザ・エージェント

見どころ→トム・クルーズが電話で怒る姿。 監督-キャメロン・クロウ 1996年  …

SPEC 結 爻ノ篇

見どころ!→世界を救うために当麻が立ち向かう! 監督-堤幸彦 2013年 95分 …

アウトロー Jack Reacher

見どころ→全体に流れるハードボイルド感 監督-クリストファー・マッカリー 201 …