魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty

      2017/06/03

見どころ→捜査員たちの苦悩や執念

監督-キャスリン・ビグロー 2012年 157分

脚本-マーク・ボール

出演-ジェシカ・チャスティン、ジェニファー・イーリー、ジェイソン・クラーク、他

あらすじ

911後、アメリカの捜査員達はテロの首謀者ウサマ・ビン・ラディンの足取りを血眼になって追っていたが、手掛かりは依然としてつかめないままだった。

その捜査手法は、パキスタンのCIAの基地でテロ組織の関係者達を監禁し、激しい拷問を加えることも辞さない壮絶なものとなっていた。

途中から捜査に参加した分析官のマヤは、その状況にも億することなく、言葉巧みにビン・ラディンに関する情報を聞き出していく。

過激派の爆破テロの危険にさらされ、同僚が次々と離脱するなか、地道な捜査で核心に近付いていくマヤだったが、さらなる困難が立ちはだかるのだった・・・。

感想

ジェシカ・チャスティンの迫真の演技

実話を元にした捜査員達の命がけの奮闘を描いている。

ビン・ラディンを捕まえるために、ここまで壮絶な捜査を裏でやっていたというのはすごい。

捕まえる方も鬼にならざるを得なく、その鬱屈した感情は狂気に近いものがある。

葛藤し苦悩しながらも諦めず地道に捜査を続けていく捜査員を、ジェシカ・チャスティンが見事に演じている。

自分の上司にクビをかけて怒鳴りつけるシーンなど実に強烈で感情が伝わってくる。

すっぽんさながら食いついたら離さない執着心がよく描かれていると思う。

暴力の連鎖の壮絶な結末

ビンラディンを追い詰めては行くが、捜査員たちも満身創痍で、それぞれ負った傷は深い。

もし自分だったら、ここまで自分たちがボロボロになって、やり返す意味はあるのか?これは一体何のための戦いなんだ?と思ってしまう。

だからといって引き下がるわけには行かず、生きも地獄帰るも地獄で、もう後には引けないという強烈なジレンマだ。

暴力というものはつくづく何も生まなく、やった方もやり返した方も両方傷つく諸刃の刃だということを改めて思わされる。

一見ハッピーエンドのようにも見えるが、決してそういう訳ではない。

最後のマヤの涙はただの喜びではなく、様々入り組んだ感情の深い涙だと思う。

この作品は、捜査員たちの苦労を労わっている一方で、この戦いに勝者はいるのか?と皮肉さながら訴えている様にも感じた。

素材をそのまま見せ、見ている者に判断させるこういう手法はドキュメントにも近いものがあり、それがかえって強いメッセージに感じる。

 - ③見て損はない , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アイ・アム・レジェンド

見どころ→ニューヨークにたった一人で犬と暮らす男!その戦いの果てにあるものとは! …

エルトポ

見どころ!→前半の前衛的、感覚的な映像美を見よ! 監督-アレハンドロ・ポドロフス …

インヒアレント・ヴァイス Inherent Vice

あらすじ 1970年代のロサンゼルス。 病院の一室で探偵業を営むヒッピーのドック …

TAXI

見どころ→街中をタクシーが猛スピードで疾走する。 監督-ジェラール・ピレス 19 …

こわれゆく女

見どころ!→ジーナ・ローランズのあえてずらしたた演技! 監督-ジョン・カサベテス …

エスター

見どころ→エスターの正体。 監督-ジャウムコレット=セラ 2009年 123分 …

サイダーハウスルール The Cider House Rules

感想 マイケル・ケインの老獪な演技が光る マイケル・ケイン演じる産婦人科が非常に …

バーレスク Burlesque

あらすじ アメリカの片田舎のカフェでウェイトレスをしていたアリは、歌手として生き …

インクレディブル・ハルク

見どころ!→ハルクと悪役の肉弾戦! 監督-ルイ・レテリエ 2008年 112分 …

シンプルメン

見どころ!→とくと青春を堪能せよ! 監督-ハル・ハートリー 1992年 106分 …