魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

ミラーズ・クロッシング

      2016/03/30

原題-Miller’s Crossing  1990年 114分

監督-ジョエル・コーエン

脚本-イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン

出演-ガブリエル・バーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ジョン・タトゥーロ、他

あらすじ

禁酒法時代のマフィア間の抗争を描く。

博打好きで頭が切れるマフィアのトムは、アイルランド系マフィアのボスのレオと、上下関係を超えた信頼関係を築いていた。

ある日、イタリア系のマフィアのボスのキャスパーが、バーニーという男を殺す依頼をレオに持ちかけるが、レオは了承しなかった。

次の日レオの用心棒が何者かに殺され、キャスパーの仕業だと思ったレオはキャスパーを攻撃し、二つのマフィアは激しい抗争に発展してしまう。

トムはレオの側についていたが、レオの愛人と寝たことがばれ、レオから絶縁されてしまう。

トムは言葉巧みにキャスパーの懐に潜り込み、今度はキャスパーの側につく。

うまく立ち位置を変えながらも、自分の信念を通そうとするトム。

持ち前の頭の切れで、自分に降りかかってくる火の粉を振り払っていく。

感想

頭のいいトム

借りたお金は自分で返す、返さずにボコボコにされても相手は恨まない、浮気をしたことを正直に告白して絶縁されるとか、誤魔化さないところが男気を感じる。

粋な感じもするが、頭もかなりいいように感じる。

なりゆきがうまくいったということもあるだろうが、その頭の良さは決して誰かのためにではなく、自分の身を守るために使っていたように感じた。

決して権力に屈するわけではないが、レオの為でもない。

かといって権力も利用してうまく立ち回っている感じに、せこさも感じた。

最終的な結末も成り行きに任せた感じがする。

きっとトムは自分の身を守ることで必死だったんだろう。

むしろ、全て計算しつくして行動できるより、そういう方が人間的でリアルなのかもしれない。

そこまで魅力は感じないが、せこさも含め人間的ではある。

 - ③見て損はない ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

こわれゆく女

見どころ!→ジーナ・ローランズのあえてずらしたた演技! 監督-ジョン・カサベテス …

007 ダイ・アナザー・デイ

見どころ→イギリスらしいスタイリッシュなボンド。 監督-リー・タマホリ 2002 …

アイ・アム・レジェンド

見どころ→ニューヨークにたった一人で犬と暮らす男!その戦いの果てにあるものとは! …

ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty

見どころ→捜査員たちの苦悩や執念 監督-キャスリン・ビグロー 2012年 157 …

ガタカ

見どころ!→イーサンホークの情熱の演技! 監督-アンドリュー・ニコル 1997年 …

フローレス

 見どころ!→ゲイを演じるホフマンと、右半身が不自由な男を演じるデ・ニーロの演技 …

イコライザー The Equalizer

見どころ→誰にも止められないデンゼル 監督-アントワーン・フークア 132分 脚 …

サイダーハウスルール The Cider House Rules

感想 マイケル・ケインの老獪な演技が光る マイケル・ケイン演じる産婦人科が非常に …

エスター

見どころ→エスターの正体。 監督-ジャウムコレット=セラ 2009年 123分 …

インクレディブル・ハルク

見どころ!→ハルクと悪役の肉弾戦! 監督-ルイ・レテリエ 2008年 112分 …