Cinema Soul

~面白い映画を追い求めてひたすら感想を書いていく~

未来世紀ブラジル Brazil

      2017/09/28

見どころ→好き嫌い別れるラストシーン。

監督-テリー・ギリアム 1985年 142分

脚本-テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン、トム・ストッパード

出演-ジョナサン・プライス、ロバート・デ・ニーロ、マイケル・ペイリン、他

感想

近未来都市

人々は様々な最新機器に囲まれて生活している。

朝起きると自動で朝食が出来たり、服が壁から出てきたり・・・。

30年前に想像した、皮肉った未来かな。

現代では結構自動のもの多いので、機器に関してはそれほど皮肉に感じない。

公開当時見たらより滑稽だったんじゃないかとは思う。

印象的な視覚イメージ!

たびたび描写される主人公の夢だったり、部屋いっぱいに広がるエアダクトだったり、映像が印象的だ。

どちらかというと、言葉や会話よりも映像からくるイメージでこの作品のほとんどが形成されている気がする。

主人公の働き先は、2か所ともおかしなオフィスで、実に狭苦しそうだ。

滑稽さを増すために色々と誇張したであろう描写がたくさん出てくる。

全編に渡って流れているブラジルという曲が印象的で耳に残る。

デニーロが格好良い!

デニーロがタトル役でちょこちょこ出てきますが、格好良い。

3回出てきましたが、出てきかたが全部格好良い。

抑えてるね、デニーロ。

出て来る時間は少ないが、非常に良いスパイスになっている。

感覚映画?

142分の長いバージョンを見たのだが、思っていたより長く感じた。

デニーロの登場シーンや、主人公が何かを突破したときなど、ぐっとそこでは惹きつけられるが、それ以外はきつかった。

話として、先が見えない雰囲気が多く、全体として退屈に感じた。

社会に対する皮肉が込められているのは全編通してよく分かる。

しかしよくある発想で、さほど強烈なメッセージでもなければ、皮肉の度合いもまだ足りない気もする。

感覚で感じる映画にしては、ちょっと落ち着いているのかなとも思う。

賛否分かれるラスト

長いバージョンのラストシーンはハッピーエンドではない。

賛否が分かれるらしいが、自分としては、ハッピーエンドの方が分かりやすくていいと思った。

ラスト手前でようやく惹きつけられて、「こういうことだったのか」と思ったが、そこで終わらなかった。

ギリアムが伝えたかったことは社会への皮肉だけじゃなく、「想像力を奪うことは出来ない」ということらしい

今までが十分わかりづらいので、最後のひねった感じが頭でっかちにも感じてしまった。

 - ⑤時間を返して・・・ , , , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スリング・ブレイド Sling Blade

見どころ!→かつて殺人を犯した男と少年との交流を見よ! 監督-ビリー・ボブ・ソー …

SPEC  結 漸の篇

見どころ→竜雷太の生き様。 監督-堤幸彦 2013年 95分 出演-戸田恵梨香、 …

エスケイプ・フロム・トゥモロー Escape from tomorrow

感想 全編白黒のこの作品。 テーマパークを家族と訪れる男の妄想と合わせて物語が展 …

エンター・ザ・ボイド Enter the Void

監督-ギャスパー・ノエ 2009年 143分 脚本-ギャスパー・ノエ 出演-ナサ …

ソウルキッチン Soul Kitchen

見どころ→潰れかけた店はこうして繁盛していく! 監督-ファティ・アキン 2009 …

アンコール!! Song for Marion

見どころ→頑固で偏屈なおじいさんと、それをも愛する妻の愛の歌。 監督-ポール・ア …

十三人の刺客

見どころ→冷徹非道な若き藩主の振る舞い。 監督-三池崇史 2010年 141分 …

めがね

見どころ!→南の島のきれいな海と、ゆる~い空気感! 監督-荻上直子 106分 2 …

女はみんな生きている chaos

監督-コリーヌ・セロー 2001年 112分 脚本-コリーヌ・セロー 出演-カト …

ブルース・オールマイティ

見どころ→ブルースが好きな人への本当の気持ちに気づく場面。 原題-Bruce A …