魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

チェンジリング Changeling

      2017/06/03

見どころ→決して諦めない母の強さに感服

監督‐クリント・イーストウッド 2008年 142分

脚本-J・マイケル・ストラジンスキー

出演-アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノバン、コルム・フィオール、他

あらすじ

1920年代のロサンゼルスを舞台に、腐敗した警察組織と戦うシングルマザーのシリアスドラマ。

息子が行方不明に

電話交換局に勤めるクリスティンは、シングルマザーながら、息子のウォルターを愛情たっぷりに女手一つで育てていた。

ウォルターと映画を見に行く約束をした日、クリスティンが仕事から帰ってきたらウォルターはどこにも見当たらない。

夜になっても見つからない息子を心配し、すがる思いで警察に捜索を依頼するが取り合ってくれず、翌日になっても帰らないウォルターの捜索を警察はようやく開始する。

依頼から五か月も経ち、断腸の思いで息子を待っていたクリシティーナに、ウォルターが見つかったと朗報が入る。

ところが、警察が見つけたという子供は、ウォルターとは似ても似つかぬ別の子供だった。

腐敗しきった警察組織!

汚職がはびこるロサンゼルス警察は、組織の名声を保つために母親に違う子供をあてがい、事件は解決したとマスコミに発表してしまう。

本当の息子を探してほしいという涙ながらの母親の訴えに取り合わない警察に対して、独自の調査で警察の汚職を暴いてきた牧師と協力し、クリスティーナは徹底的に戦うことを決める。

警察の非情な態度をマスコミに発表したクリスティーナを疎ましく思った警察は、クリスティーナを精神疾患という名目で強制的に病院おくりにしてしまう。

クリスティーナは病院で、あの子供は本当の子供であるという宣誓書にサインしたら病院を出られる、と突きつけられるがそれを拒否し、不当に病院に監禁され続ける。

そんな中、事件は急展開を見せる

息子は殺された?

ある牧場で働く未成年者の犯罪を捜査していた刑事が、そこの牧場で働かされていた少年から重要な証言を得る。

その牧場ではたくさんの行方不明の少年が殺され、その被害者の中に、ウォルターの名前が含まれていることが判明する。

これが事実であれば、母親を監禁する理由はなくなる。

警察は隠そうとするが、刑事の捜査により明るみに出ることになり、牧師によって病院からクリスティーナは救い出される。

クリスティーナは衝撃的な事実に憔悴しながらも、牧師と共に再度腐敗した警察組織と戦うことを決めたのだった・・・。

果たしてクリスティーナは警察の腐敗を暴くことが出来るのか?

判明した衝撃的な事件の全容とは?

そして、ウォルターは生存しているのか?・・・

クリント・イーストウッドが描く、衝撃の実話!

アンジェリーナ・ジョリー演じる母の強さを噛みしめよ!

感想

母は強し

強く静かに息子を思い続ける母親の姿に心打たれる。

アンジェリーナ・ジョリーはとてもきれいだが、こういう母親の役も重厚に演じられるのはすごい。

母強しとはよく言ったもんで、自分の母親と重ねてみたりすると、たまらないものがある。

グレーな終わり方も非常に良い。

腹が立ってしょうがない

これが実話ということで、とんでもない事件だ。

終盤になるまで事態が好転しないので、警察の態度にずっと腹が立ちっぱなしになる。

これだけ腹を立たせられるというのも、映画のいいところだと思う。

イーストウッドのやり方にまんまとはまってしまっている。

中盤から終盤になるまでは本当に腹立たしく、そこまで行きつくのが長いので少し疲れるが、そこから変わっていく。

ただ、自分としては、それでもまだ許されないという気持ちの方が勝ってしまったが、クリスティーナの子供を思う気持ちで大体中和された。

それでもまだ少し怒りが残っているが・・・。

決して諦めない母の姿

ラストのシーンで、母親の美しさというか、強さを感じ、静かな感動に包まれた。

こんなにもみくちゃにされても、まだ希望があれば探し続けるんだ、という母の愛を感じる。

決して現実逃避ではなく、希望があればあきらめる訳がない、と言わんばかりの毅然とした態度。

アンジェリーナ・ジョリーの名演だと思う。

 - ①今すぐに見るべき! , , , ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ダウト~あるカトリック学校で~

見どころ!→ホフマンとストリープの舌戦を見よ! 監督-ジョン・パトリック・シャン …

クレイマークレイマー

見どころ!→ショックなまでの妻の豹変ぶり! 監督-ロバート・ベントン 1979年 …

パピヨン Papillon

監督-フランクリン・J・シャフナー 150分 1973年 脚本-ロレンツォ・セン …

キッズ・リターン

見どころ!→静かながらも印象的なラストを見逃すな! 監督-北野武 108分 19 …

ブロークバック・マウンテン

見どころ→ヒースとジェイクの繊細な心の動き。 監督-アン・リー 2005年 13 …

ラスベガスをぶっつぶせ 21

見どころ→大学生がラスベガスのカジノをつぶす!? 監督-ロバート・ルケティック  …

96時間

見どころ!→いつもと別人の様な父の姿を見よ! 監督-ピエール・モレル 2008年 …

インターステラー Inter Stellar

感想 飽きない映像美 全体を通して実に重厚な映像になっている。 旅立つ前の地球の …

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 Män som hatar kvinnor

監督-ニールス・アルデン・オプレブ 2009年 153分 脚本-ニコライ・アーセ …

ミリオンダラー・ベイビー Million Dollar Baby

見どころ→この結末にあなたは耐えられるか!? 監督-クリント・イーストウッド 2 …