嫌われる映画感想

~なぜ面白いのか、面白くないのかしっかり書いていく~

*

スリング・ブレイド Sling Blade

      2016/03/30

見どころ!→かつて殺人を犯した男と少年との交流を見よ!

監督-ビリー・ボブ・ソーントン 135分 1996年

出演-ビリー・ボブ・ソーントン、ルーカス・ブラック、ドワイト・ヨワカム、ロバート・デュバル、他

あらすじ

殺人を犯し、病院に25年間入院していたカールは、退院直前に大学生から取材を受ける。

なぜ人を殺してしまったのか、語り始めるカール。

25年前、カールは自分の父親が働く会社の社長ディクソンの息子、ジェシーに学校でいじめられていた。

社長のディクソンも不当に賃金を払わず、カールの家は貧しかった。

ある夜、カールは母屋でジェシーが母親の上に乗っかっているところを目撃してしまう。

母親にひどいことをしていると思ったカールは、その場にあったカイザーナイフ、別名スリング・ブレイドと呼ばれる特殊なナイフでジェシーを殺してしまう。

驚いた母親は、「なぜ殺したのか?」と叫ぶ。

母親は、ジェシーと不倫をしていたのだ。

それを知ったカールはカッとなり、一緒に母親も殺してしまう・・・。

インタビューが終わり、25年ぶりに病院を出て故郷に戻るカール。

父の所に戻りづらいカールは、コインランドリーで洗濯物を運ぶ少年フランクと知り合う。

その後一旦病院に帰り、病院の紹介で修理屋に住み込みで働くことになるが、フランクの母親リンダの計らいで、リンダとフランクの家に居候することになる。

リンダは未亡人で、今は工務店で働くドイルと付き合っている。

ドイルは粗暴な性格でフランクから嫌われ、リンダの友人のゲイ、ヴォーンからも心配されている

フランクはカールになつき、カールもフランクに心を許していく。

カールはしだいにその環境にもなれつつあったが、次第にエスカレートしていくドイルの振る舞いに、フランクとリンダは困惑していく。

様々な人間模様の中、果たしてカールはうまくやっていけるのか?

リンダが紹介してくれた女性メリンダとの交流・・・。

確執のある父との関係は?

そして、フランクとリンダを守るためにカールが起こした驚愕の行動とは?・・・

かつて人を殺してしまった人間の心の交流を、監督・主演・脚本のビリー・ロブ・ソーントンが描く!

感想

独特な演じ方

主人公のカールを、ビリーがとても独特に演じている。

少年のフランクは無邪気だが大人びたところもあり、かわいらしい子供で、カールと心の交流を交わしていく。

カールは知的障害ということなのだが、どういう障害があるのかはほとんど描かれていない。

目を合わせられない感じだが、時々普通にしゃべっていて、相手の言っていることも理解できているし、特に変なことを言う訳でもない。

動きがゆっくりで、少し変わったしゃべりかただが、そこまでおかしくは感じない

知的障害という感じではなく、変わった普通の人に見える。

しゃべらないときとしゃべるときの境目が分からないので、なぜこのときはしゃべらないのか?と思う。

心を許した相手にはしゃべれるというのは普通で、ただ気が弱いようにも見える。

そこらへんが分かりづらく、カールの人物設定はあるようでなかったんじゃないかと思う。

ビリーは演技力が高い俳優だと思っているので、もっとナチュラルに演じても十分に魅せられたと思った。

登場人物に魅力がない

未亡人とその息子、未亡人の粗暴なボーイフレンド、ゲイの友人など、要素はそれなりに盛り込まれているのだが、それぞれがそこまで掘り下げられていなく、生かされている感じがしなかった。

少年のフランクは味があるが、それ以外は魅力的な人間が出てこない。

最後にカールが取った行動だが、発想が飛び過ぎている感じもした。

息子のフランクはまだしも、母親のリンダは何も行動していない。

ドイルは粗暴だが、リンダはそんなドイルのことを表面上は嫌がりながらも受け入れ、お互いに依存しているようにも見える。

ドイルはそこまで悪人ではなく、母親もふわふわしているので、カールの取った行動はちょっとやりすぎにも思えた。

言わんとしていることは分かるが、ドイルがもっと悪人であれば良かった。

ドイルに詰め寄られているときに、カールがカールなりにもう少し抵抗したり、戦っている姿も見たかった。

普通にしゃべるときもあるのに、そんな時はしゃべらなくなるというのは、トラウマを抱えているというよりは、気が弱く見えてしまう。

カールと街中の人との交流が描かれているが、カールが徐々に打ち解けていくという感じはなく、序盤から人々にすぐに受け入れられていく。

ぎこちなさや、カールの不安な気持ちが現れたりとするわけでもななかった。

全体として言いたいことは分かるが、ボブ・ソーントンの演じ方や、町の人々の人間性など、もっと深みを感じたかった。

非常にふわふわしたまま終わってしまったという印象だ。

 - ⑤時間を返して・・・ ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ムカデ人間2

見どころ!→とにかく血がすごい! 監督-トム・シックス 2011年 91分 出演 …

十三人の刺客

見どころ→冷徹非道な若き藩主の振る舞い。 監督-三池崇史 2010年 141分 …

ぼくの伯父さんの休暇 Monsieur Hulot’s Holiday

監督-ジャック・タチ 1953年 88分 脚本-ジャック・タチ 出演-ジャック・ …

龍三と七人の子分たち

監督-北野武 2012年 111分 脚本-北野武 出演-藤竜也、近藤正臣、中尾彬 …

ガープの世界 The World According to Garp

監督-ジョージ・ロイ・ヒル 1982年 136分 脚本-スティーブ・テシック 出 …

ドラゴンタトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo

監督-デヴィッド・フィンチャー 158分 2011年 脚本-スティーブ・ザイリア …

機動警察パトレイバー 2 the Movie

監督-押井守 1993年 113分 脚本-伊藤和典 出演(声)-大林隆之介、榊原 …

勝利への旅立ち Hoosiers

監督-デヴィッド・アンスポー 1986年 115分 脚本-アンジェロ・ピッツォ …

女はみんな生きている chaos

監督-コリーヌ・セロー 2001年 112分 脚本-コリーヌ・セロー 出演-カト …

no image
イントゥ・ザ・ストーム Into the Storm

見どころ→竜巻の破壊力 監督-スティーブン・クウォーレ 2014年 89分 脚本 …