キッズ・リターン

①今すぐに見るべき!
スポンサーリンク

見どころ!→静かながらも印象的なラストを見逃すな!

監督-北野武 108分 1996年

出演-金子賢、安藤政信、石橋凌、寺島進、モロ師岡、他

あらすじ

高校で落ちこぼれのシンジとマサルは、いつもつるんで悪さばかりしていた。

そんなある日、カツアゲした高校生の用心棒で来たボクサーにマサルは喧嘩で敗れてしまい、ボクシングをやるべくマサルはジムに通いだす。

マサルに誘われシンジもあとからジムに入り、一緒にボクシングを始めるが、シンジの方に才能が開花する。

自分にはボクシングは向かないと悟ったマサルは、知り合いを辿って極道の道に進むことに。

それぞれの道に歩みだす二人。

果たしてうまくやっていけるのだろうか?

そして、それぞれ甘くはないその世界で揉まれ、苦い思いも経験し、しばらくぶりに母校の校庭で再開した二人。

その時二人が交わした言葉とは?

このあとの二人の行く末は?

感想

北野武監督の、バイク事故からの復帰第一作目です。

監督本人は出演していません。

自分が何をやりたいのかも分からない若い時期。

各々自分に可能性があると思う道に進むが、なかなか思うようにいかない。

人生の選択にもがき苦しみ葛藤しながらも生きていく。

そんな若者の青春を、厳しい現実と照らし合わせながらリアルに描いている作品です。

久石譲の音楽が、作品をより印象深いものにしてくれています。

とにかくラストが良いです。

感動させようとしているところもなく、二人のやりとりも自然で心にすっと入ってきます。

今までの二人の紆余曲折が、全てこのラストの少ないやり取りに集約されます。

自分たちの失敗を受け入れつつもポジティブに。

決して派手なシーンではないのですが、音楽とも相まって強烈に印象に残っています。

ぜひこのラストを見るために見て下さい。

コメント