フローレス

③見て損はない
スポンサーリンク

 見どころ!→ゲイを演じるホフマンと、右半身が不自由な男を演じるデ・ニーロの演技対決!

監督-ジョエル・シュマッカー 111分 1999年

出演-ロバート・デ・ニーロ、フィリップ・シーモア・ホフマン、バリー・ミラー、他

あらすじ

真面目な元警官の中年男ウォルト(ロバート・デ・ニーロ)は、かつて強盗事件で手柄を立て、元同僚から今でもヒーローとして扱われながらも、警備員として細々と暮らしている。

 同じアパートに住むドラッグクイーンのラスティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)とは、ラスティの部屋から聞こえる騒音などが原因でいつも喧嘩をしていた。

 ある日、ラスティの部屋にマフィアの金を盗んだレイモンドが逃げ込んでくる。

 マフィアの手下が駆けつけ銃撃戦となり、銃声を聞いたウォルトは拳銃片手にラスティの部屋に近づいていく。

 そのとき、突如脳卒中になったウォルトはその場で倒れこみ、病院に運ばれ、それ以来右半身が麻痺してしまう。

 しゃべることもままならなくなってしまったウォルトは、リハビリの指導員に勧められ、ラスティに歌の指導を頼むことにする。

 最初は断ったラスティもしぶしぶ引き受け、ラスティによるウォルトへの歌のレッスンが始まる。

 喧嘩しながらもレッスンを通じてお互いの境遇や価値観を少しづつでも理解しあっていく二人。

 そんな中、マフィアがなくなった金を探しにラスティの部屋に再びやってくる。

 ラスティはどうなってしまうのか?

 そして、そんなラスティの状況を知ったウォルトが取った行動とは?・・・

 感想

ゲイを毛嫌いしていたウォルト。

 ラスティも自分を毛嫌いする人種をまともな人間として相手にしていない。

 ウォルトは体が動かなくなってから、自分の恋人にもお金がないからと相手にされなくなり、自分の存在価値に葛藤する。

 お互い社会からのつまはじき者が、ひょんなきっかけからお互いを理解し、その中で成長していく作品です。

 この作品を見たとき、まだフィリップ・シーモア・ホフマンがどんな俳優か知りませんでした。

 これだけを見たら、この人は本当のゲイなのかな?と思ってしまうくらい本物に見えます。

 他の作品のホフマンの演技を見ると、まるで別人に見えてしまうところがすごいです。

 そして、デ・ニーロも右半身が動かないという難しい役をやっています。

 ひきつってうまくしゃべれないという感じも演じられるんですね。

 二人の腕の見せあいが光ります。

 最初にデ・ニーロが脳卒中になるというのにはびっくりしました。

 話としては二人の交流だけではなく、後半にもマフィアが絡んできます。

 演技としては二人とも素晴らしいと思うのですが、話としてはちょっと退屈に感じられるかもしれません。

 自分を振り返り成長するというのは良いテーマなのですが、そこの描き方が足りなかったようにも感じます。

 交流はとても良いのですが。

 ゲイ・体が動かない男・マフィアなど、要素がもりだくさんだったからですかね?

 この二人なら、もっと粋な感じを出せそうな気もしました。

 なにはともあれ、二人の演技にご注目。

コメント