魂の辛口映画感想

~面白い映画って本当に少ない~

*

ステキな金縛り~ ONCE IN A BLUE MOON

      2016/03/30

見どころ!→西田敏行の落ち武者!?

監督-三谷幸喜 142分 2011年

出演-西田敏行、深津絵里、竹内結子、他

弁護士として失敗続きのエミは、最後のチャンスとして殺人事件を担当することになる。

その事件で妻を殺した容疑をかけられている矢部は、ある旅館で金縛りにあっていたため、殺人は不可能だとアリバイを主張する。

エミがその旅館に実際に行って泊ってみると、寝ている最中に落ち武者の霊が自分に乗っていることに気が付く。

その霊となぜか話ができたエミは、その落ち武者の霊を裁判の証人として連れていくことを決意する。

どうやって裁判を行うのか?証人として認めてもらうことが出来るのか?事件の行方は?エミは弁護士として一旗揚げることが出来るのか?・・・

西田敏行演じる落ち武者と深津絵里のコミカルなやり取りがあるのですが、西田敏行がコント口調でなんか覚めてしまいます。

面白くしたいのは分かるのですが、そうしなくても魅せれるんじゃないかなと思いました。

それも監督の指示なのかもしれませんね。

そして、三谷幸喜の作品は、会話が中心で自分的には好きな部類の作品が多いのですが、なぜか全体的に作り物感がしてしまうのはなぜでしょう?

会話劇が中心のストーリーって悪い意味で演劇っぽくなってしまい、なんか無理にストーリーを作っていってしまう感じを受ける作品が多いです。

その割には、実は・・・みたいな要素や感動も入っていて話として盛りだくさんと思うのですが・・・。

軽いノリ、軽演劇というんですかね?全体を通して軽い印象を受けました。

自分的に、映画に笑わせようとする意図が見えるものはなるべく入ってない方が良いと思うんです。

役者それぞれが自分の役を演じてぶつかっていくうえで、自然と面白く見える・・・それでいいような・・・。

そもそも幽霊を法廷に呼ぶという設定が、途中からありきになってしまう・・・それがフィクションで映画だから構わないと思うんですが、どうも無理があるという感じを受けてしまいました。

フィクションのためのフィクションとでも言うんでしょうか。

この映画はコメディだと思いますが、最初からこの映画を見て笑おうとしている人をターゲットにしているのかな?なんて思いました。

全体を通して、もっとリアルという感じをどこかで見せてもらえたらと良かったなと思います。

舞台って感じも嫌いじゃないのですが、三谷幸喜の作る作品はいつも演劇っぽい作品が多いですよね。

映画って感じがあまりしない。

最近の日本ではあまり映画らしいものが少ないのでしょうがないとは思いますが、これがヒットして、こういうのを普通の日本の映画として成立させてしまうのは、どうなんでしょうか?

映画ならではだなっていう、語らずとも雰囲気ある描写とか、そういうものをもっと入れている作品もぜひ作って欲しいです。

 - ⑤時間を返して・・・ ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブルース・オールマイティ

原題-Bruce Almighty 2011年 101分 監督-トム・シャドヤッ …

ドッペルゲンガー

見どころ!→二人の役所広司!? 監督-黒沢清 2003年 107分 出演-役所広 …

マラソンマン

見どころ→知的だが残虐なローレンス・オリビエの拷問シーン。 監督-ジョン・シュレ …

シューテム・アップ

見どころ!→寡黙なクライブ・オーウェンが銃弾の雨を降らす! 監督-マイケル・デイ …

勝利への旅立ち Hoosiers

監督-デヴィッド・アンスポー 1986年 115分 脚本-アンジェロ・ピッツォ …

未来世紀ブラジル Brazil

感想 近未来都市! 人々は様々な最新機器に囲まれて生活している。 朝起きると自動 …

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

見どころ!→若返っていくブラッド・ピット! 監督-デヴィッド・フィンチャー 20 …

愛のむきだし 上巻

監督-園子温 2009年 106分(上下巻237分) 脚本-園子温 出演-西島隆 …

十三人の刺客

感想 稲垣五郎の非道な演技 見どころは何と言っても稲垣五郎演じる暴君の藩主だろう …

ムカデ人間

見どころ!→ムカデ人間の真相 監督-トム・シックス 2010年 90分 出演-デ …