Cinema Soul

~面白い映画を追い求めてひたすら感想を書いていく~

ステキな金縛り~ ONCE IN A BLUE MOON

      2016/03/30

見どころ!→西田敏行の落ち武者!?

監督-三谷幸喜 142分 2011年

出演-西田敏行、深津絵里、竹内結子、他

弁護士として失敗続きのエミは、最後のチャンスとして殺人事件を担当することになる。

その事件で妻を殺した容疑をかけられている矢部は、ある旅館で金縛りにあっていたため、殺人は不可能だとアリバイを主張する。

エミがその旅館に実際に行って泊ってみると、寝ている最中に落ち武者の霊が自分に乗っていることに気が付く。

その霊となぜか話ができたエミは、その落ち武者の霊を裁判の証人として連れていくことを決意する。

どうやって裁判を行うのか?証人として認めてもらうことが出来るのか?事件の行方は?エミは弁護士として一旗揚げることが出来るのか?・・・

西田敏行演じる落ち武者と深津絵里のコミカルなやり取りがあるのですが、西田敏行がコント口調でなんか覚めてしまいます。

面白くしたいのは分かるのですが、そうしなくても魅せれるんじゃないかなと思いました。

それも監督の指示なのかもしれませんね。

そして、三谷幸喜の作品は、会話が中心で自分的には好きな部類の作品が多いのですが、なぜか全体的に作り物感がしてしまうのはなぜでしょう?

会話劇が中心のストーリーって悪い意味で演劇っぽくなってしまい、なんか無理にストーリーを作っていってしまう感じを受ける作品が多いです。

その割には、実は・・・みたいな要素や感動も入っていて話として盛りだくさんと思うのですが・・・。

軽いノリ、軽演劇というんですかね?全体を通して軽い印象を受けました。

自分的に、映画に笑わせようとする意図が見えるものはなるべく入ってない方が良いと思うんです。

役者それぞれが自分の役を演じてぶつかっていくうえで、自然と面白く見える・・・それでいいような・・・。

そもそも幽霊を法廷に呼ぶという設定が、途中からありきになってしまう・・・それがフィクションで映画だから構わないと思うんですが、どうも無理があるという感じを受けてしまいました。

フィクションのためのフィクションとでも言うんでしょうか。

この映画はコメディだと思いますが、最初からこの映画を見て笑おうとしている人をターゲットにしているのかな?なんて思いました。

全体を通して、もっとリアルという感じをどこかで見せてもらえたらと良かったなと思います。

舞台って感じも嫌いじゃないのですが、三谷幸喜の作る作品はいつも演劇っぽい作品が多いですよね。

映画って感じがあまりしない。

最近の日本ではあまり映画らしいものが少ないのでしょうがないとは思いますが、これがヒットして、こういうのを普通の日本の映画として成立させてしまうのは、どうなんでしょうか?

映画ならではだなっていう、語らずとも雰囲気ある描写とか、そういうものをもっと入れている作品もぜひ作って欲しいです。

 - ⑤時間を返して・・・ ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

龍三と七人の子分たち

監督-北野武 2012年 111分 脚本-北野武 出演-藤竜也、近藤正臣、中尾彬 …

ムカデ人間

見どころ!→ムカデ人間の真相 監督-トム・シックス 2010年 90分 出演-デ …

シャイニング

見どころ!→ジャック・ニコルソンの狂った演技 監督-スタンリー・キューブリック  …

アンコール!! Song for Marion

見どころ→頑固で偏屈なおじいさんと、それをも愛する妻の愛の歌。 監督-ポール・ア …

勝利への旅立ち Hoosiers

監督-デヴィッド・アンスポー 1986年 115分 脚本-アンジェロ・ピッツォ …

十三人の刺客

見どころ→冷徹非道な若き藩主の振る舞い。 監督-三池崇史 2010年 141分 …

ドラゴンタトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo

監督-デヴィッド・フィンチャー 158分 2011年 脚本-スティーブ・ザイリア …

SPEC  結 漸の篇

見どころ→竜雷太の生き様。 監督-堤幸彦 2013年 95分 出演-戸田恵梨香、 …

エスケイプ・フロム・トゥモロー Escape from tomorrow

感想 全編白黒のこの作品。 テーマパークを家族と訪れる男の妄想と合わせて物語が展 …

ゴールデンスランバー

見どころ!→思い返される淡~い青春! 監督-中村義洋 139分 2010年 出演 …