Cinema Soul

~面白い映画を追い求めてひたすら感想を書いていく~

ドッペルゲンガー

      2016/03/30

見どころ!→二人の役所広司!?

監督-黒沢清 2003年 107分

出演-役所広司、永作博美、ユースケ・サンタマリア、江本明、他

ホームセンターで買い物を終えた由佳は、駐車場で弟の隆志を見かけ、一緒に帰ろうと声をかける。

隆志は手振りだけで答え、車に乗らずそのまま駐車場を歩いていく。

由佳が家に帰ると、隆志が先に帰ってきていた。

「どうやって帰ってきたの?」などと一言二言言葉を交わした後、警察から電話がかかってくる。

内容は、隆志が自殺をして遺体で発見された、というもの。

後ろを振り向くと、さっきいたはずの隆志はもういない。

一方、義手の開発をしている早崎は、不審な気配を日常で感じていた。

ある日駐車場に自分の車を取りに来ると、警備員から「さっきも来られましたね」と言われ、乗ってきたはずの車もなくなっていた。

そんな中、早崎は家にいるときに、奥の部屋のドアが一人でゆっくり開いていくのが見える。

その部屋を見に行くが、窓は締まっている。

すると、ゆっくりと後ろに自分とそっくりな男、ドッペルゲンガーが近づいてくるのが、反射したガラス越しに見える。

早崎は恐怖のあまり叫びながら、頭を抱える。

ドッペルゲンガーとは、もう一人の自分のことで、それを見た人間は死んでしまうという。

次第に、早崎のドッペルゲンガーの行動がエスカレートしていく。

早崎が寝た後、ドッペルゲンガーは早崎の研究室に忍び込み、めちゃくちゃに破壊してしまい、それがきっかけで早崎は会社をくびになる。

後日、研究室の助手の高野の計らいで、同じくドッペルゲンガーの体験をした由佳と会うことができた早崎。

早﨑のドッペルゲンガーは、由佳をも巻き込み、さらに暴走をしていく。

一体ドッペルゲンガーの目的とは何なのか?現れた理由とは?

早崎がドッペルゲンガーに対してとった行動とは・・・?

自分的に黒沢監督の「回路」が怖かったので、期待して借りてみました。

監督もインタビューで言っているのですが、決してホラーではなく、主人公の心理の変化を中心に描いた人間ドラマです。

しかし、人間ドラマとしても非常に中途半端で、あまり楽しめませんでした。

ちょっと怖いなというシーンは最初の10分くらいで、それ以降は早崎の研究者としての生き方を描いています。

最終的に、自分の利益のことばかり考えていた早崎が改心するというものですが、改心したきっかけが分かりません。

終盤で、一緒に研究を手伝ってくれたユースケ・サンタマリア演じる君島を早崎が崖から突き落とすのですが、生きていた君島に逆にやり返されます。

そのとき君島に「あんたのこと信じてたんだぜ?」と言われ、殺されかけたからですかね?

それだけで、何の躊躇もなく自分のエゴのために平気で崖から君島を突き落してしまうような人間が、心を入れ替えるでしょうか?

自分の悪事に気づいたところが、役所広司の演技で描写されている訳でもなく、大して変ったようにも見えなかったです。

主人公の成長というのは、人間ドラマの一つの見どころだと思うのですが、そこがちゃんと描けていないように感じました。

今までのシーンで早崎の葛藤が見え隠れしていれば良いのですが、そうではなく、ドッペルゲンガーを利用しまくって自分の利益に走ってきたような人間がこれで急に改心するかな?なんて思ってしまいました。

ただ痛い目見たから改心したようにしか・・・。

それは懲りたということであって、成長ではないんじゃないかと。

途中でドッペルゲンガーと早崎がもみ合いになり、ドッペルゲンガーを由佳と君島と早崎の三人で殺すのですが、自分はそれ以降ドッペルゲンガーと早崎が入れ替わっているのかな?なんて思っていました。

もしかしたら入れ替わっているのかもしれない。

しかし、肝心のドラマ部分があまりしっかりしてないので、もしそうだとしてもなんだかなあーとなってしまいます。

早崎が心を入れ替えて生きていこうと決心したが、実は入れ替わっていた・・・そんなオチは面白いと思うのですが、それは表現できていない・・・。

残念です・・・。

引っかかるところとかは、役者の方々も分かってるんだと思うのですが、監督と話したりしないんですかね?

編集とかも出来るわけじゃないから、難しいんですかね?

役所広司は、「出していただいて嬉しい」と言ってましたが、これなら出なくても良いんじゃないか?なんて・・・

これならホラーの方が良かったんじゃないか?なんて思ってしまいました。

役所広司は、真面目な役が多いイメージがありますが、真面目じゃない方が似合っる気がしました。

ドッペルゲンガーの適当な感じの性格を、楽しそうに演じています。

凶悪犯なんかもとても似合っているかも・・・ぜひ見てみたいです。

 - ⑤時間を返して・・・ ,

アドセンス

アドセンス

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

R100

見どころ!→君は本当のSMの世界を知っているか!? 監督-松本仁志  100分  …

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

見どころ!→若返っていくブラッド・ピット! 監督-デヴィッド・フィンチャー 20 …

ブンミおじさんの森

監督-アピチャートポン・ウィーラセータクン 114分 2010年 脚本-アピチャ …

女はみんな生きている chaos

監督-コリーヌ・セロー 2001年 112分 脚本-コリーヌ・セロー 出演-カト …

ドラゴンタトゥーの女 The Girl with the Dragon Tattoo

監督-デヴィッド・フィンチャー 158分 2011年 脚本-スティーブ・ザイリア …

龍三と七人の子分たち

監督-北野武 2012年 111分 脚本-北野武 出演-藤竜也、近藤正臣、中尾彬 …

SPEC  結 漸の篇

見どころ→竜雷太の生き様。 監督-堤幸彦 2013年 95分 出演-戸田恵梨香、 …

ブルース・オールマイティ

見どころ→ブルースが好きな人への本当の気持ちに気づく場面。 原題-Bruce A …

ぼくの伯父さんの休暇 Monsieur Hulot’s Holiday

監督-ジャック・タチ 1953年 88分 脚本-ジャック・タチ 出演-ジャック・ …

ドミノ

見どころ→女賞金稼ぎの格好良い生き様を見よ! 監督-トニースコット 2005年  …