シャイニング

⑤時間を返して・・・
スポンサーリンク

見どころ!→ジャック・ニコルソンの狂った演技

監督-スタンリー・キューブリック 1980年 143分

出演-ジャック・ニコルソン、シェリー・デュバル、ダニー・ロイド、他

あらすじ

小説家志望のジャックは、家族と一緒に冬季休業中の山奥のホテルに、冬季だけの管理人として移り住む。

しかしそのホテルは、かつて凄惨な殺人事件が起こったホテルであり、そこで小説を書いているうちに次第に精神が不安定になっていくジャック。

やがてジャックの異様な行動は家族を巻き込み・・・。

感想

これは、ジャックニコルソンの狂気に満ちた顔がドアから覗いている有名なシーンがある映画だ。

どんなに狂気じみた話しなのかとも思ったが、話しがよくわからなかった。

なぜ頭がおかしくなったのか、出てくる亡霊に取りつかれたのかが曖昧に描かれていて、どっちかわからない。

頭がおかしくなったとしても、なんでなったのかがわからない。

もともとおかしいという要素をもっと散りばめてくれていれば良かったのだが・・・。

ジャック・ニコルソンは狂った人間の演技ができるので、幽霊に取りつかれたとかではなく、ただ狂った、ということの方が怖かったと思う。

狂気じみた演技は良かったのだけど・・・。

取りつかれているのと、狂っているのとでは、話が全然違う。

もういっそのこと、助けを求めて入り込んできた男が、実は殺人鬼だった、という方が良い。

あの広いホテルには家族しかおらず、助けを求めようにも電話は冬は使えない・・・とか。

子供のダニーが使える、シャイニングという能力も、ほとんど生かされておらず、必要があったのかが分からない。

原作はスティーブンキングで、キューブリックが大分ストーリーを変えたらしい。

調べてみると、原作はもっとホテル自体がおかしい、という感じだったらしい。

そっちの方が分かりやすかったと思う。

スティーブンキングにはかなり批判されていたらしい。

映画の撮り方としては、迫力もあるし、雰囲気もある。

演者の演技も悪くないが、ストーリーの良しあしで、だいぶ変わるものなんだと思った。

コメント