マラソンマン

⑤時間を返して・・・

見どころ→知的だが残虐なローレンス・オリビエの拷問シーン。

監督-ジョン・シュレシンジャー 1976年 125分

出演-ダスティン・ホフマン、ローレンス・オリビエ、ロイ・シャイダー、他

あらすじ

マラソン好きな大学院生が、ナチの残党の密輸事件にひょんなことから巻き込まれて、解決するために奮闘する。

感想

おじさんのダスティンホフマンが大学生を演じている。

若々しいしゃべりかたの、老けた学生だなって感じ。

ちょっと古めのこのぐらいの映画は、とても雰囲気が好きだ。

話し自体は、なんかよくわからないうちにどんどん展開していく。

マラソンがキーポイントになっている訳では決してない。

見どころは、ローレンス・オリビエの老獪な演技。

残虐な悪党を、紳士的な感じで演じているのが、こいつは本当に悪い奴だなと思わしてくれる。

特に、ホフマンを拷問するところは、見ていて実に痛々しい。

たけしの「アウトレイジ」でも、組長が歯医者で拷問されるシーンがあるが、こっちが本家なんじゃないかなとも思う。

制作は、ロバート・エヴァンズというプロデューサー。

この映画でも、ダスティンを説き伏せて出演させたらしい。

ダスティンとは仲良しで、「くたばれハリウッド!」という映画で、そこらへんを本人が語っている。

ローレンス・オリヴィエの怪演は見どころだが、話の進み方が少し雑な感じがして物足りなさを感じた。

コメント