チャイルドプレイ

③見て損はない

見どころ→人形は襲ってきたら怖い。

監督-トム・ホランド 1988年 88分

出演-キャサリン・ヒックス、クリス・サランドン、アレックス・ヴィンセント、他

あらすじ

グッドガイと呼ばれる子供むけのおもちゃの人形に、瀕死の殺人犯が、呪術で死ぬ直前に自分の魂を乗り移らせた。

犯人は人間として生きるため、新たな人間の体が必要だった。

何も知らずにその人形を買った少年が、人形に命を狙われていく・・・。

感想

自分の子供の頃に流行った映画だが、内容はなんとなくしか知らなかったので、借りて見てみた。

チャッキーと呼ばれる人形が、化け物と化して人間を襲う・・・くらいに思っていたのだが、殺人犯の魂が呪術によって乗り移り・・・なんてしっかりした設定があったとは。

コメディ要素もあるが、これはホラーだ。

チャッキーが燃えて、暴れまわるところは不気味で気持ち悪い。

人形に殺されるかもっていうのはとても嫌だ。

ありそうでない発想だと思う。

なんか80年代のアメリカの雰囲気がとてもレトロで素敵に感じる。

その頃のいい味が画面に出ている。

これは、日本ではR15指定だったらしい。

そこまで過激なシーンはなかったように感じるが、人形が燃え上がる所なんかは、なぜかグロテスクに見える。

これは確かに、頭に残るインパクトの強さがある。

出ている役者の方は、キャサリン・ヒックスが、かろうじて見たことあるくらいで、他はあまり知らなかった。

コメント