007 ダイ・アナザー・デイ

③見て損はない

見どころ→イギリスらしいスタイリッシュなボンド。

監督-リー・タマホリ 2002年 133分

出演-ピアーズ・ブロスナン、ハル・ベリー、他

感想

いわずとしれた007の、北朝鮮がらみのアクションもの。

今回のボンドガールは黒人のハル・ベリーだ。

じつに美しい。

監督はリー・タマホリって言う人で、ニュージーランド出身、マオリ族の血を引く監督で、「戦場のメリークリスマス」の助監督を務めたらしい。

しかし、相変わらず、007のオープニングはスタイリッシュで格好良い。

ピアーズ・ブロスナンなので、ちょっとお坊ちゃん風の007になっている。

知的で格好良いけど、ちょっと線が細い。

歴代で、ダニエル・クレイグが出てくるまでは、ショーン・コネリーの次に人気があったらしい。

個人的には、ショーン・コネリーか、今の硬派な感じのダニエル・クレイグのボンドが好きだ。

ピアーズ・ブロスナンて細身だから分からないが、187センチもあるようだ。

この人は、なんてったって5代目ジェームズボンドのイメージが強い。

本人はそのイメージだけが付くのが危険だと思い、他の映画も並行して出演していたらしいが、見事にイメージがついている。

ダニエル・クレイグもしかり。

もうそのイメージがついたっていいんじゃないかとは思う。

しかし、やっぱりお金かかっている、豪華な感じが007シリーズの見どころでもある。

テレビでやっていたらなんとなく見てしまう。

アクションエンターテインメントが見たいときはこのシリーズは良いと思う。

何も考えずに見れる作品だ。

コメント