7人の侍

①今すぐに見るべき!

1954年、監督-黒沢明、出演-三船敏郎・志村喬ほか。207分。

スポンサーリンク

感想

長時間だけど、飽きずに見られる

207分、約3時間半だけど、長さを感じさせない。

白黒でしんどいかな?とか思っていたが、食い入るようにみているうちに時間は経っていた。

白黒でも、カラーでも、面白いものは面白いと感じさせてくれる。

エネルギッシュな三船敏郎

三船敏郎のエネルギーがこっちにも伝わってくる。

荒々しくも勇敢な武士を見事に演じている。

非常に濃いキャラクターだ。

三船敏郎が、子供たちの前でおどけるシーンがある。

俳優がわざとおどけているような演技を色んな映画でよく見るが、三船敏郎はその場で本当に子どもたちを笑わしているように見えるので、実にリアリティがある。

もともと持っている才能なんだろう。

作ったわけではない明るさと言うか。

世界の映画人に影響を与えた

この映画は、いろんな著名人・監督に影響を与えているらしい。

荒野の7人やスターウォーズのモチーフになったり、監督でいえばスティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、マーティン・スコセッシもこの作品が好きらしい。

スコセッシなんかは、黒澤明のフィルムを手に入れ、いかに編集されているかを徹底的に学んだらしい。

それも納得できる。

コメント